ホーム > 書籍詳細:あの一瞬―アスリートはなぜ「奇跡」を起こすのか―

そこに、勝負の分かれ目があった!

あの一瞬―アスリートはなぜ「奇跡」を起こすのか―

門田隆将/著

1,620円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2010/07/16

読み仮名 アノイッシュンアスリートハナゼキセキヲオコスノカ
雑誌から生まれた本 新潮45から生まれた本
発行形態 書籍
判型 四六判
頁数 286ページ
ISBN 978-4-10-460503-3
C-CODE 0095
ジャンル スポーツ
定価 1,620円

私たちはなぜスポーツに魅了されるのか? その答えがここにある――。執念のゴール、起死回生のトライ、狙いすましたアッパーカット、崖っぷちでつかんだ賜杯……記憶に残る「十番勝負」の主役たちがついに語った秘話の数々。アスリートの心の襞にまで分け入った、まったく新しいスポーツ・ノンフィクション。

著者プロフィール

門田隆将 カドタ・リュウショウ

1958(昭和33)年高知県生れ。中央大学法学部卒。雑誌メディアを中心に、政治、経済、司法、事件、歴史、スポーツなどの幅広いジャンルで活躍している。主な著書に『裁判官が日本を滅ぼす』『なぜ君は絶望と闘えたのか─本村洋の3300日─』『あの一瞬―アスリートはなぜ「奇跡」を起こすのか―』『甲子園への遺言』『神宮の奇跡』『康子十九歳 戦渦の日記』『この命、義に捧ぐ』などがある。

目次

はじめに
第一部 オリンピックという魔物
第一章 ピークをどこに
最強ランナー「瀬古利彦」はなぜ敗れたのか
第二章 志は国境を越えて
女子ソフト「悲願の金」をもたらした女の輪廻
第三章 失敗する練習
極限の緊張を凌駕した「加藤沢男」の大逆転劇
第四章 勝機はその一瞬だけ
山下泰裕を揺るがせた「遠藤純男」の執念
第五章 すべてはチームのために
サッカー日本代表はなぜ「銅」を獲得できたのか
第二部 アスリートの原風景
第六章 過酷な減量の末に
「ファイティング原田」が演じた世紀の番狂わせ
第七章 居場所を求めて
日米野球の因縁と「怪物スタルヒン」の涙
第八章 「王者」たるゆえん
「新日鉄釜石 vs 同志社」史上最強激突の意地
第九章 素朴さに触れて
大鵬・柏戸「昭和最高の決戦」秘話
第十章 全力で「分力」を叩く
明徳義塾ナインが「松井五敬遠」で見た風景
おわりに

感想を送る

新刊お知らせメール

門田隆将
登録する
スポーツ
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類