ホーム > 書籍詳細:ティファニーで朝食を

読み継がれてきたロングセラー、待望の新訳!

ティファニーで朝食を

トルーマン・カポーティ/著、村上春樹/訳

1,296円(税込)

本の仕様

発売日:2008/02/29

読み仮名 ティファニーデチョウショクヲ
発行形態 書籍
判型 四六判
頁数 223ページ
ISBN 978-4-10-501407-0
C-CODE 0097
ジャンル 文芸作品、評論・文学研究
定価 1,296円

第二次世界大戦下のアメリカで、自由奔放に生き、ニューヨークの社交界を、そして世界の読者を魅了した、美しきヒロイン、ホリー・ゴライトリー。「恐るべき子供(アンファン・テリブル)」と言われた神童・カポーティが精魂を傾け、無垢の世界への訣別を告げた名作が、村上春樹の新訳で、新しい世紀を歩みはじめる。

著者プロフィール

トルーマン・カポーティ Capote,Truman

(1924-1984)ルイジアナ州ニューオーリンズ生れ。21歳の時「ミリアム」でO・ヘンリ賞を受賞(同賞は計3回受賞)。1948年『遠い声 遠い部屋』を刊行、早熟の天才―恐るべき子供、と注目を浴びた。著書に短編集『夜の樹』、中編『草の竪琴』『ティファニーで朝食を』、ノンフィクション・ノヴェル『冷血』など。晩年はアルコールと薬物中毒に苦しみ、ハリウッドの友人宅で急死した。

村上春樹 ムラカミ・ハルキ

1949(昭和24)年、京都市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。1979年『風の歌を聴け』(群像新人文学賞)でデビュー。主な長編小説に、『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞)、『ノルウェイの森』、『国境の南、太陽の西』、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『海辺のカフカ』、『アフターダーク』、『1Q84』(毎日出版文化賞)がある。『神の子どもたちはみな踊る』、『東京奇譚集』などの短編小説集、エッセイ集、紀行文、翻訳書など著書多数。海外での文学賞受賞も多く、2006(平成18)年フランツ・カフカ賞、フランク・オコナー国際短編賞、2009年エルサレム賞、2011年カタルーニャ国際賞、 2016年アンデルセン文学賞を受賞。

村上春樹 Haruki Murakami 新潮社公式サイト

書評

本家アメリカにウィンクを

鴻巣友季子

 今もってホリー・ゴライトリーより恰好いい女を知らない。自由奔放で、とらえどころがなく、飼い猫にも名前をつけない、永遠に「旅行中」の彼女。15、6の時に映画版を先に観ていたから、原作を読んで180度違うラストを知った時には仰天した。こっちのホリーのほうが段違いに素敵じゃないか。映画の「ティファニー」は若いわたしを虜にしたが、小説の『ティファニー』はわたしの外国文学の読み方を変えたのだった。その思い出深い名作が、村上春樹の新訳で再登場する。これが興奮せずにいられようか。
 ノーマン・メイラーはカポーティを「当代で最も完璧に近い作家」と評した。10代のカポーティが原稿運び(コピーボーイ)をしていた〈ニューヨーカー〉誌は最初、彼の短編を「ロマンチックの方向性がうちとは違う」とか言って掲載してくれなかったそうだが、不遇の時は長くなかった。しかも『ティファニー』はカポーティが小説家として一番幸福だった時代の作品だと思う。小説家の卵の「ぼく」には、作者の姿が色濃く投影されているらしい。かなり趣旨の違う映画版がヒットしたことは、この小説にとって大きな幸運でもあり不運でもあったろう(これは、「マイ・フェア・レディ」として映画化されたバーナード・ショウの『ピグマリオン』などにも言えることなのだが。おっと、これもオードリーの主演だ)。
 もっとも、初の邦訳書が出た1960年ごろ、“ティファニーで朝食を”(Breakfast at Tiffany's)というフレーズの含意をぱっと理解できる日本語読者は限られていたと思う。わたしが初めて読んだ新潮文庫版(龍口直太郎訳)では、ホリーの決め台詞がこんな風に訳されていた。「ある晴れた朝、目をさまし、ティファニー(訳注 ニュー・ヨーク五番街にある有名な宝石屋で、食堂はない)で朝食を食べるようになっても、あたし自身というものは失いたくないのね」。ジョークの落ちを説明するような割注を見て、翻訳者の存在というものを初めて鮮明に意識した記憶がある。龍口氏はNYのティファニーまで行って、「食堂はありますか」と訊いたと言い、その訳者の翻訳と解説に接して日本語読者は漸くくすりと笑うことができた。しかし根無し草的な(じつは夫がいたりするが)ヒロインが口からでまかせに言う「ティファニーで朝食を」という台詞の妙味は、実体のないただひたすら綺麗なもののイメージが、陽炎のようにふわっと揺らめき立って消えるその刹那にある。同じ小説を読むにも、アメリカの読者とはいかんせん立つ位置が違っていたわけだ。
 さて、待望の村上春樹訳ではこうだ。「いつの日か目覚めて、ティファニーで朝ごはんを食べるときにも、この自分のままでいたいの」。小さいことではあるが、わたしは「朝食」が「朝ごはん」になっているところにぐっときてしまう。なるほど、日本語の日常会話で「朝食」というと少々改まった感じになる。この場面のホリーの口調なら、「朝ごはん」のほうが自然ではないか。ふつうは超有名な邦訳タイトルに引きずられて、本文でも疑いなく「朝食」と訳してしまうだろう。こんな繊細な部分にも、わたしは村上氏の揺るぎない翻訳ヴィジョンを感じて信頼を増すのである。
 要はセンシビリティだ。村上翻訳の技術の高さに触れると、「いや、翻訳は心なり」といった反論も出るかもしれない。しかしこうして細やかな感性が訳文の隅々まで行き届くのは、高度に洗練された技術の支えあってこそなのである。半世紀前の龍口訳はその当時の感性にぴったりくる名訳だった。そして、日本語読者の多くが「ティファニーで朝食を」というフレーズを聞いて、タイムラグなしに「にやり」とできるいま、村上春樹ほど新訳者にふさわしい人はいない。
 スタート地点では遅れをとった(?)ものの、作品発表から半世紀を経た今日、小説家としても翻訳家としても第一級の人の手で味わいを更新した『ティファニー』を真新しい気持ちで読むことができる日本語読者の幸せ。これは翻訳物だけがもちうる豊かさなのだ。さあ、どう? と、本家アメリカにウィンクでも送りたい気分のわたしなのである。

(こうのす・ゆきこ 翻訳家)
波 2008年3月号より

目次

ティファニーで朝食を Breakfast at Tiffany's
花盛りの家 House of Flowers
ダイアモンドのギター A Diamond Guitar
クリスマスの思い出 A Christmas Memory

判型違い(文庫)

感想を送る

新刊お知らせメール

トルーマン・カポーティ
登録する
村上春樹
登録する
文芸作品
登録する
評論・文学研究
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

ティファニーで朝食を

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto