ホーム > 書籍詳細:ふたつの海のあいだで

喪われた伝説の宿と、一族の記憶。
その再生に人生を賭けた、ひとりの男。

ふたつの海のあいだで

カルミネ・アバーテ/著、関口英子/訳

2,052円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2017/02/28

読み仮名 フタツノウミノアイダデ
シリーズ名 新潮クレスト・ブックス
装幀 Jacopo Ligozzi/Painting、(C)AKG/Painting、PPS/Painting、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 230ページ
ISBN 978-4-10-590135-6
C-CODE 0397
ジャンル 文芸作品
定価 2,052円

ティレニア海とイオニア海を見下ろす場所に、かつて存在した《いちじくの館》。焼失したこの宿の再建を目指す祖父と孫を中心とする数世代にわたる旅は、時に交差し、時に分かれて、荒々しくも美しい軌跡を描いてゆく――。豊饒なイメージと響き渡るポリフォニー。イタリアの注目作家による、土地に深く根差した強靱な物語。

著者プロフィール

カルミネ・アバーテ Abate,Carmine

1954年、イタリア南部カラブリア州の小村カルフィッツィに生まれる。少数言語アルバレシュ語の話される環境で育ち、イタリア語は小学校で学ぶ。バーリ大学で教員免許を取得、ドイツ・ハンブルクでイタリア語教師となり、1984年にドイツ語で初めての短篇集を発表した。その後、イタリア語で執筆した『サークルダンス』(1991年)で本格的に小説家としてデビュー。『帰郷の祭り』(2004年)でカンピエッロ賞最終候補となり、2012年に『風の丘』で第50回カンピエッロ賞を受賞した。2017年現在はイタリア北部トレント県で教鞭をとりながら執筆活動を続けている。

関口英子 セキグチ・エイコ

埼玉県生まれ。翻訳家。訳書にディーノ・ブッツァーティ『神を見た犬』、プリーモ・レーヴィ『天使の蝶』、イタロ・カルヴィーノ『マルコヴァルドさんの四季』、カルミネ・アバーテ『風の丘』など。『月を見つけたチャウラ ピランデッロ短篇集』で第一回須賀敦子翻訳賞受賞。

目次

旅立ち
第一の旅
第二の旅
第三の旅
第四の旅
《いちじくの館》での滞在
訳者あとがき

短評

▼Yamazaki Mari ヤマザキマリ
イオニア海とティレニア海に挟まれ、かつては巨大なギリシャ植民地として繁栄した古代から、現代に至るまで怒濤の歴史に毅然と向き合ってきた、南イタリア・カラブリア。この物語に描かれているのは、文明と地中海の歴史の交差路であったこの地域を、そのまま体現したかのようなジョルジョ・ベッルーシというひとりの男と、彼の生きざまを巡る鮮烈な光と影で彩られた壮大な世界だ。孫の目線が象る異様なまでの情熱と強靭な生命力を湛えた祖父の捉え処の無いかたちが、揺るぎない敬愛へと変化するその過程で、読者もこの人物の魅力の虜となってしまうだろう。読み出したとたんに溢れんばかりのエネルギーがチャージされる、まるで発電機のような一冊だ。

▼L'espresso レスプレッソ誌
おとぎ話のような軽やかさとスピード感をあわせ持った、心地のよい小説。アバーテは巧みな書き手である。鮮烈な情感やリズム、詩的イメージの連続により、物語が鮮やかに展開していく。それによって記憶の持つ魔術的な匂いと皮膚感覚をよみがえらせることに、見事に成功していると言えるだろう。

▼La Repubblica ラ・レプッブリカ
カラブリアを舞台にドイツの物語とイタリアの物語が少しずつ混じり合い、あふれる光と音と香りのなかで、世代をまたぐ夢が豊かに語られる。

▼Corriere della Sera コッリエーレ・デッラ・セーラ
英雄的かつ知的で、繊細かつメランコリックな語り。まさにアルバレシュ(アルバニア系住民)の口承文芸である、叙事詩の伝統が感じられる。

▼ル・モンド
素晴らしき語り部。

感想を送る

新刊お知らせメール

カルミネ・アバーテ
登録する
関口英子
登録する
文芸作品
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

ふたつの海のあいだで

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto