ホーム > 書籍詳細:ギャンブル依存とたたかう

ギャンブル依存者、二百万人! このままでは、社会の土台が腐っていく!

ギャンブル依存とたたかう

帚木蓬生/著

1,296円(税込)

本の仕様

発売日:2004/11/18

読み仮名 ギャンブルイゾントタタカウ
シリーズ名 新潮選書
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 196ページ
ISBN 978-4-10-603543-2
C-CODE 0311
ジャンル 心理学、暮らし・健康・料理
定価 1,296円
電子書籍 価格 1,037円
電子書籍 配信開始日 2014/11/21

●「私は大丈夫」が命とりになる!
●ギャンブル依存に男女差はある?
●ギャンブル依存と遺伝との関係は?
●プロのギャンブラーとギャンブル依存はどう違う?
●うつ病、アルコール依存症、買物依存症、摂食障害……ギャンブル依存の合併症とは?
歴史上、最もギャンブルに対して無策となった現代日本。深く静かに侵蝕󠄀する病気のすべてと、治療への確かなステップをやさしく説く。作家・精神科医の著者による決定版!

どういう本?

タイトロジー
(タイトルの意味)
「私はたたかう」「たたかわなければいけない」そう思いを込めて、ひとりの医師として書かれた本です。

著者プロフィール

帚木蓬生 ハハキギ・ホウセイ

1947(昭和22)年、福岡県生れ。東京大学仏文科卒業後、TBSに勤務。2年で退職し、九州大学医学部に学ぶ。現在は精神科医。1993(平成5)年『三たびの海峡』で吉川英治文学新人賞を受賞。1995年『閉鎖病棟』で山本周五郎賞、1997年『逃亡』で柴田錬三郎賞、2010年『水神』で新田次郎文学賞を受賞した。2011年『ソルハ』で小学館児童出版文化賞を受賞。2012年『蠅の帝国―軍医たちの黙示録―』『蛍の航跡―軍医たちの黙示録―』の2部作で日本医療小説大賞を受賞する。『臓器農場』『ヒトラーの防具』『安楽病棟』『国銅』『空山』『アフリカの蹄』『エンブリオ』『千日紅の恋人』『受命』『聖灰の暗号』『インターセックス』『風花病棟』『日御子』『移された顔』など著作多数。

目次

はじめに──人はみんなギャンブル好き
プロローグ──ある主婦の「転落」

第一章 ギャンブル依存症とは何か
1 病的賭博と強迫的ギャンブル
2 ギャンブル依存の症状と診断
3 なぜ「ギャンブル依存症」と呼んだほうがいいのか
4 ギャンブルの種類
5 プロのギャンブラーはギャンブル依存者とどう違うか
第二章 ギャンブル依存者の身体的変化と遺伝・性格
1 ギャンブル依存症の身体的変化
2 ギャンブル依存症と遺伝
3 ギャンブル依存症と性格
第三章 ギャンブル依存者はどのくらいいるか
1 日本には二百万人はいる
2 年齢層別にみたギャンブル依存
3 男女差
4 金持ちと貧乏人
第四章 ギャンブル依存症に合併する病気
1 躁うつ病
2 統合失調症
3 アルコール依存症
4 買物依存症と摂食障害
5 身体の病気
第五章 ギャンブル依存者と周囲の人たち
1 配偶者
2 子供
3 親
4 兄弟姉妹
5 親類・友人・知人
第六章 ギャンブル依存と法的問題
1 債務
2 自己破産
3 自己破産後の借金
4 犯罪
第七章 ギャンブル依存症の治療
1 導入期
2 離脱期
3 学習期
4 自助グループ
5 薬物療法
6 家族への対応
第八章 ギャンブルとこれからの社会
1 実態の把握
2 治療機関の充実
3 法的規制
4 教育
エピローグ──「再生」
おわりに──このままでは国がこわれていく
付録 GA十二のステップ抜粋
参考文献

インタビュー/対談/エッセイ

警告! ギャンブル依存が社会を蝕む

帚木蓬生

――「ギャンブル依存」という言葉はやや馴染みが薄いですが、どんな症状なのですか?
 パチンコに狂った親が車中に子供を置き去りにして死なせてしまう事件が跡を絶ちませんね。あれは氷山の一角で、いまや統計的には二百万人のギャンブル依存者がいると考えられます。正式には「病的賭博」という病名ですが、アルコール依存症などと同様、やればやるほど深みにはまるのが特徴です。離脱期(禁断症状)もありますから「ギャンブル依存症」と呼んで差し支えないでしょう。要するにギャンブルのことしか考えられなくなってしまうのです。いままで二百症例以上を診てきましたが、日本のギャンブル依存の特徴はパチンコです。私の勤務している八幡厚生病院に最初に入院されたのも、中年のパチンコ依存の男性でした。一緒に来たお母様は憔悴し、「こんな息子じゃなかった」と嘆くばかり。聞けば、十年にわたって、家族が家一軒分くらいの借金を尻拭いしていたばかりか、ヤミ金融にも借金があったのです。他の例でも、みな借金まみれになっていますね。ある患者さんは大企業の社員でしたが、三千万円くらいの退職金を二年ほどでパチンコに注ぎ込んだ挙句、さらに七、八百万ほどの借金があった。両親に連れてこられた三十代の男性の例では、会社の金に手をつけるほど。家を売って住むところもなくなり、栄養不良で担ぎ込まれた患者さんもいました。老若男女問いません。女性のほうが短い年数で依存に至る傾向があります。こうなると、家族は本人の顔も見たくないのです。「もう、頼むから死んでくれ」と家族が訴えるのは、この病気くらいではないでしょうか。

――そこまでハマってしまうのは意志が弱いからですか?
 違います。意志や性格の問題ではありません。これはまさに病気なのです。ですから、家族がいくら説教をしても、何の役にも立ちません。最初のうち、家族は借金の尻拭いをする代わりに誓約書を書かせたりするのですが、これは全くの無駄です。糖尿病や高血圧を意志の力で治そうとしても駄目でしょう? それと同じで、重要なのは一刻も早く「治療のコース」に乗せることです。まずは二ヶ月、三ヶ月の入院治療こそが有効です。脳の生化学的研究によると、ギャンブル依存者は、ドーパミンとノルアドレナリンの量が増加し、セロトニン系の機能が低下していることが明らかになっています。つまり、人間の脳の仕組みからしても、誰でも陥る可能性がある病気なのです。私は、たとえお釈迦様であっても、ある条件に置かれれば立派な「ギャンブル依存者」になると考えています。ギャンブル好きな読者も、本書で紹介している診断表で自己診断してみてはいかがでしょうか。

――具体的にはどんな治療をしていくのですか?
 まず、入院期間をご本人に決めてもらいます。通常は二、三ヶ月。閉鎖病棟ではないのでパチンコにも行けますが、そうなったら強制退院。投薬は軽い睡眠薬程度です。基本的にはさまざまなミーティングに出てもらうことが治療です。GA(ギャンブラーズ・アノニマス)といって、アルコール依存症治療にならってつくられた自助グループにも参加してもらいます。小グループで具体的なテーマに沿って自分の内面を語るのです。「家族に迷惑をかけたこと」とか「自分の意志が働かなかった時のこと」など、心の奥底を吐露していく。いわば、常に自分の病気に直面するわけです。GAの出発点にあるのは、「自分はギャンブルに対して無力である」ということ。自分では止められない病気にかかっているのだという認識を根本に据えるのです。この場では、決して人を責めず、ただ各々が互いの体験を聞くだけですが、キレイごとではない、深い本音が出る。その短い言葉が人の心をうち、互いに心を開いていく様子は、まるでシンフォニーです。もう一つ、家族のための自助グループにギャマノンがあります。これも、「家族は本人のギャンブル依存に対して無力である」というところから出発します。ギャンブル依存の身内を助ける方法を話し合う会ではなく、自分がいかによりよく生きるかを学ぶ場です。本人はギャンブルを続けていても、奥さんだけがギャマノンに来ることもありますよ。そこで、誰にも言えなかった辛い気持ちを吐露していくのですね。

――ギャンブル依存は治るのでしょうか。
 すべての依存症がそうですが、治ったと思っても、再び始めてしまえば元の木阿弥。ギャンブル依存も、治癒ではなく、「回復しつづける」ということなのです。事実、ある人は一年半くらいパチンコから離れていましたが、「新台入れ替え」のチラシを見て腰が浮いたそうです。最近のパチンコ業界はDMを送ったりしますから、みな誘惑にさらされている。私たち医師にとっては、業界は治療の敵ですよ。実際、庶民の娯楽、ゲームといったレベルをはるかにこえたギャンブルになっていると思いますね。昔から、為政者は賭博を厳しく取り締まってきました。日本でも天平時代の双六禁断の法から明治政府の賭博犯処分規則などがあります。それだけ、賭博が社会の土台を腐らせてしまうものだと分かっていたのでしょう。ところが、戦後日本は野放図に規制を緩める一方。こんな国は世界を見渡しても、どこにもありません。加えて、消費者金融やヤミ金融の手軽さが事態を深刻にしています。私は、この本を通じて、ギャンブル依存についての理解を社会に深めてもらいたい。このままでは、日本はギャンブルによって壊れていくに違いないと考えるからなのです。


(ははきぎ・ほうせい 作家・精神科医)
波 2004年12月号より

担当編集者のひとこと

ギャンブル依存とたたかう

ギャンブル依存者、200万人?!
このままでは社会の土台が腐ってゆく!
作家・精神科医の著者が緊急警告する恐るべき「病気」の全貌と治療の道すじ。


ギャンブルを一度でもやったことがある方、まずは次の質問をどうぞ……。

 Q.ギャンブルで負けた時も勝っていると嘘をついたことがありますか。
 Q.ギャンブルの証拠となる券などを家族の目に触れぬように隠したことがありますか。
 Q.自分がしようと思っている以上にギャンブルにはまったことがありますか。
 Q.ギャンブルをやめようと思っても不可能だと感じたことがありますか。
 Q.ギャンブルのために仕事や学業をサボったことがありますか。

 以上は「ギャンブル依存症」の診断表の一部ですが、思い当たるフシのある人は要注意。これは意志の強弱とは無関係、誰でも陥る立派な病気なのです。依存者はいずれ、ギャンブル資金欲しさに消費者金融から借金地獄にはまっていく恐れが大きいのです。なぜ人はギャンブルにはまるのか? 男女差は? 脳の仕組みに原因があるのか? 治療法は? 本書は、人格崩壊を招きかねないこの“病気”を解説する本邦初の一冊。編集を担当した私も我を忘れ、時にわが身にひきつけ読みふけってしまいました。
 今や依存者は全国に200万人とも言われています。もしかしたら、あなたの周りのあの人も?!

2016/12/15

感想を送る

新刊お知らせメール

帚木蓬生
登録する
心理学
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

ギャンブル依存とたたかう

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

ギャンブル依存とたたかう

以下のネット書店よりご購入ください。

※対応端末でお探しください。

Shincho Live!