ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:帚木蓬生

帚木蓬生

ハハキギ・ホウセイ

著者プロフィール

1947年、福岡県生れ。東京大学仏文科卒業後、TBSに勤務。2年で退職し、九州大学医学部に学ぶ。2017年現在は精神科医。1993年『三たびの海峡』で吉川英治文学新人賞、1995年『閉鎖病棟』で山本周五郎賞、1997年『逃亡』で柴田錬三郎賞、2010年『水神』で新田次郎文学賞、2011年『ソルハ』で小学館児童出版文化賞、2012年『蠅の帝国―軍医たちの黙示録―』『蛍の航跡―軍医たちの黙示録―』の2部作で日本医療小説大賞、2013年『日御子』で歴史時代作家クラブ賞作品賞をそれぞれ受賞する。『国銅』『風花病棟』『天に星 地に花』『悲素』『受難』といった小説のほかに、新書、選書、児童書などにも多くの著作がある。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

帚木蓬生
登録する

書籍一覧

帚木蓬生が紹介した本