ホーム > 書籍詳細:死と生

「死」とは何か。なぜ、怖いのか。死ねば、どこへゆくのか。稀代の思想家が挑む究極の謎。

死と生

佐伯啓思/著

821円(税込)

本の仕様

発売日:2018/07/14

読み仮名 シトセイ
シリーズ名 新潮新書
装幀 新潮社装幀室/デザイン
雑誌から生まれた本 新潮45から生まれた本
発行形態 新書
判型 新潮新書
頁数 223ページ
ISBN 978-4-10-610774-0
C-CODE 0210
整理番号 774
ジャンル 人文・思想・宗教
定価 821円

「死」。それは古今東西、あらゆる思想家、宗教家が向きあってきた大問題である。「死ぬ」とはどういうことなのか。「あの世」はあるのか。「自分」が死んだら、「世界」はどうなるのか――。先人たちは「死」をどう考えてきたのか、宗教は「死」をどう捉えているのかを踏まえながら、人間にとって最大の謎を、稀代の思想家が柔らかな筆致で徹底的に追究する。超高齢化社会で静かに死ぬための心構えを示す、唯一無二の論考。

著者プロフィール

佐伯啓思 サエキ・ケイシ

1949(昭和24)年、奈良県生まれ。社会思想家。京都大学名誉教授。京都大学こころの未来研究センター特任教授。東京大学経済学部卒。東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。2007年正論大賞。『隠された思考』(サントリー学芸賞)『反・幸福論』『日本の宿命』『西田幾多郎』『さらば、資本主義』『反・民主主義論』など著作多数。

目次

まえがき
第一章 超高齢化社会で静かに死ぬために
今日の世界が明日は否定される社会/年寄りが「生きた粗大ゴミ」になる/孤独に老いてゆくこと/成長主義に背を向けた「人生フルーツ」の愉楽/今日における「隠遁」の実験
第二章 「一人では死ねない」という現実を知る
死ぬと、世界はどうなるか/本当に恐ろしいのは「死に方」である/「生と呼べない生」への不安/人は一人では死ねない/死によって励まされる/『自死という生き方』について/きわめて積極的で肯定的な
第三章 われわれは何ひとつわからない
「答え」の出ないやっかいな「問い」/人間を超えた圧倒的な「力」/「絶対的な無意味」の不気味さ/誰も論じられない/「不気味さ」の正体とは/なぜ「死」を恐ろしく感じるか/「死」を考えることをやめてみる/ニヒリズムからの脱出
第四章 死後の世界と生命について
「死んだ後に何が起きるか」/「霊的」なものの正体とは/とてつもない苦からの救済/トルストイの絶望からの「死生観」/「ありのままの生」と「死の戯れ」/私とは何なのだろうか/キリストとトルストイ
第五章 トルストイが到達した「死生観」
「すべて偽物で無意味」という虚無/「個人」を超えた「生命」とは何か/「生命」は死後も続くのか/罪の意識と自我について/人間が背負う「罪深さ」/死ねばすべては「無」になる/無意味だからこそ「何か」がある
第六章 仏教の輪廻に見る地獄
源信『往生要集』での人間の煩悩/仏教には「私」が存在しない/現代で正気を保つために/日本人流の因果応報とは/「無私」「無我」と「無自性」を知る/前世や来世はあるのか/「地獄」とは何か
第七章 「あの世」を信じるということ
「死後の世界」を信じる若者たち/「あの世」を信じられない高齢者/おぞましい「孤独死」の恐怖/「植物的死生観」と「生死連続観」/鎮魂呪術と日本人/生命力の再生とは霊魂の清め/「幽世」と「顕世」という意識
第八章 人間は死ねばどこへゆくのか――浄土と此土
宗教を信じなくても/死ねばどこへゆくのか/すべては有為無常/浄土教は何を説いたか/親鸞の「絶対他力」と「極楽往生」/「死」は絶対的な救済である/浄土とは何なのか
第九章 「死の哲学」と「無の思想」――西部邁の自死について
西部邁さんの人生観/「無」についての「論争」/「死んだら何もない」/「絶対的な無」とは何か/「現世は、空しい」/苦からの解放のために/「はじめに無明ありき」/「ほんまに、死にとうない」
第十章 「死」と日本人――生死を超えた「無」の世界
「生も死も無意味」を問う/「生きる術」と「死ぬ術」/欲望や快楽に縛られている無様/死という敵とつきあうには/「日常のなかにこそ覚りはある」/「不生不滅」「不生不死」の真理/美醜や善悪を超える「無」/日本人にとっての「死」
あとがき

感想を送る

新刊お知らせメール

佐伯啓思
登録する

書籍の分類

同じジャンルの本

死と生

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto