ホーム > 書籍詳細:新潮日本古典集成〈新装版〉 太平記 四

読みやすい! わかる! 好評シリーズが装いを新たに。古語辞典は不要です!

新潮日本古典集成〈新装版〉 太平記 四

山下宏明/校注

3,348円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2016/10/31

読み仮名 シンチョウニホンコテンシュウセイシンソウバンタイヘイキ04
シリーズ名 新潮日本古典集成
発行形態 書籍
判型 四六判
頁数 526ページ
ISBN 978-4-10-620856-0
C-CODE 0393
ジャンル 古典
定価 3,348円

楠正成の息子・正行は壮絶な討死を遂げ、南朝方は吉野を離脱。高師直をめぐる処断から尊氏直義兄弟に亀裂が生じ、直義は南朝方に降伏する。乱世を駆け抜けた男たちの壮絶な生きざまをしめす巨大な叙事詩。

著者プロフィール

目次

凡例
巻第二十三
大森彦七が事
直義病悩について上皇御願書の事
土岐頼遠御幸に参り合ひ狼藉を致す事付けたり雲客車より下るる事
巻第二十四
朝儀年中行事の事
天龍寺建立の事
山門の嗷訴によつて公卿僉議の事
天龍寺供養の事付けたり大仏供養の事
三宅・荻野謀叛の事付けたり壬生地蔵の事
巻第二十五
持明院殿御即位の事付けたり仙洞妖怪の事
宮方の怨霊六本杉に会する事付けたり医師評定の事
藤井寺合戦の事
伊勢より宝剣を奉る事付けたり黄粱夢の事
住吉合戦の事
巻第二十六
正行吉野へ参る事
四条繩手合戦の事付けたり上山討死の事
楠正行最期の事
吉野炎上の事
賀名生皇居の事
執事兄弟奢侈の事
上杉・畠山高家を讒する事付けたり廉頗・藺相如が事
妙吉侍者の事付けたり秦の始皇帝の事
直冬西国下向の事
巻第二十七
天下妖怪の事付けたり清水寺炎上の事
田楽の事付けたり長講見物の事
雲景未来記の事
左兵衛督師直を誅せんと欲する事
御所囲む事
右兵衛佐直冬鎮西没落の事
左馬頭義詮上洛の事
直義朝臣隠遁の事付けたり玄恵法印末期の事
上杉・畠山、流罪・死刑の事
大嘗会の事
巻第二十八
義詮朝臣御政務の事
太宰少弐、直冬を聟としたてまつる事
三角入道謀叛の事
直冬朝臣蜂起の事付けたり将軍御進発の事
錦小路殿南方へ落ちたまふ事
持明院殿より院宣をなさるる事
慧源禅閤南方合体の事付けたり漢楚合戦の事
巻第二十九
宮方京攻めの事
将軍上洛の事付けたり阿保・秋山河原軍の事
将軍親子御退失の事付けたり井原石窟の事
越後守石見より引つ返す事
光明寺合戦の事付けたり師直怪異の事
小清水合戦の事付けたり瑞夢の事
松岡の城周章の事
師直・師泰出家の事付けたり薬師寺遁世の事
師冬自害の事付けたり諏訪五郎が事
師直以下誅せらるる事付けたり仁義血気勇者の事
巻第三十
将軍御兄弟和睦の事付けたり天狗勢汰への事
高倉殿京都退去の事付けたり殷の紂王の事
直義追罰の宣旨御使ひの事付けたり鴨の社鳴動の事
薩た山合戦の事
慧源禅門逝去の事
吉野殿相公羽林と御和睦の事付けたり住吉の松折るる事
相公江州落ちの事
持明院殿吉野へ遷幸の事付けたり梶井宮の事
巻第三十一
新田義兵を起す事
武蔵野合戦の事
鎌倉合戦の事
笛吹峠軍の事
八幡合戦の事付けたり官軍夜討の事
南帝八幡御退失の事
解説
付録
太平記年表
系図
地図

関連書籍

感想を送る

新刊お知らせメール

山下宏明
登録する
古典
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

新潮日本古典集成〈新装版〉 太平記 四

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto