ホーム > News Headlines > 「珈琲屋」出版記念|大坊珈琲店 in 百草

イベント/書店情報終了しました

「珈琲屋」出版記念|大坊珈琲店 in 百草

「珈琲屋」出版記念|大坊珈琲店 in 百草

 「大坊珈琲店」が百草に。口の間から続く[白い小屋]に設えた、客席とカウンター。
  大坊勝次さんが、ネルドリップで珈琲を淹れて下さいます。

開催日時 ■2018年8月18日(土)13:00〜17:00
■2018年8月19日(日)12:00〜16:00
会場 ギャルリももぐさ 百草
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 ※百草レジカウンターにて茶券をお求め下さい。順番にご案内致します。
 また、土間・口の間にて8月11日から19日まで、「珈琲屋」写真展も開催いたします。

著者紹介

大坊勝次ダイボウ・カツジ

1947年岩手県盛岡市に生まれる。1972年「だいろ珈琲店」に入店。珈琲店の基礎を学んだ後、1975年7月東京都港区南青山のビル2階にて、手廻し焙煎器による自家焙煎とネルドリップを軸とした「大坊珈琲店」を開業。以来、年中無休を貫き、世界中の愛好家にネルドリップの深煎りコーヒーを届けた。2013年12月老朽化によるビル取り壊しのため、惜しまれつつも閉店。それに伴い、1000冊限定で制作した私家本『大坊珈琲店』には、縁のある35人の寄稿文と店主自身が記した大坊珈琲店のマニュアルなどを掲載。2014年台湾にて自家焙煎コーヒー店を営む人に向けて焙煎・抽出のセミナーを行う。2015年12月日本で公開されたドキュメンタリー映画「A FILM ABOUT COFFEE」に取り上げられ、日本独自のハンドネルドリップを世界に知らしめた。2017年には、「フジローヤル」より限定50台で発売された「FUJI 手廻しロースター」を監修。2018年5月現在は、全国各地で手廻し焙煎・抽出法をレクチャーし、後進に引き継いでいる。

森光宗男モリミツ・ムネオ

1947年福岡県久留米市に生まれる。1966年県立久留米高校卒業後、桑沢デザイン研究所(専門学校)入学のため、上京。ハワイ・オアフ島に半年間滞在の後、1972年東京・吉祥寺「自家焙煎もか」入店。マスターの標交紀氏に5年間師事した後、帰福。1977年12月福岡市中央区今泉に自家焙煎ホーム・コーヒー販売、ネルドリップの店「珈琲美美」を開業。1987年コーヒー産地視察のため、イエメンはバニー・マタル、ハジャラ、マナハを訪問。以来、モカコーヒーのスパイシーな香りに魅せられ、イエメン5回、エチオピア7回を始め、ケニア、インドネシア、フィリピンなどを訪れ、コーヒーのルーツをひもといた。2009年5月福岡市中央区赤坂けやき通りに移転。2012年、著書『モカに始まり』(手の間文庫)を出版。2016年には、自ら発案・監修したネルドリップ抽出器具「ネルブリューワーNELCCO(ねるっこ)」を「フジローヤル」より発売。一般家庭でも専門店に引けをとらないネルドリップの一杯を実現すべく、啓蒙活動を行う。2016年12月ネルドリップ普及セミナーの帰途、韓国の仁川空港にて倒れ、急逝。享年69。(2018年5月現在、お店は妻の充子さんが引き継いで営業中)

書籍紹介