ホーム > News Headlines > 阿部和重×古川日出男×山崎ナオコーラ×青木淳悟×福永信 7時だョ!小説の家に全員集合

イベント/書店情報終了しました

『小説の家』刊行記念トーク 阿部和重×古川日出男×山崎ナオコーラ×青木淳悟×福永信 7時だョ!小説の家に全員集合

阿部和重×古川日出男×山崎ナオコーラ×青木淳悟×福永信 7時だョ!小説の家に全員集合

 福永信さんが編者となり、構想から足掛け6年を経て生まれたアンソロジー『小説の家』。驚くなかれ総勢12名の豪華執筆陣、ただの小説アンソロジーではありません!

 すこしご紹介すると、読み進めていくほどに文字が模様に浸食されていく円城塔「手帖から発見された手記」、自身が初めてトライした挿絵と共に物語を綴る山崎ナオコーラ「あたしはヤクザになりたい」、街の風景に言葉が描き出されていく最果タヒ「きみはPOP」、挿絵が学習マンガのような青木淳悟「言葉がチャーチル」、おそらく史上初!? コミPo!で書かれた小説となった長嶋有「フキンシンちゃん」。さらには、瀬戸内海のあるアートの島を舞台にした阿部和重「THIEVES IN THE TEMPLE」は、なんと真っ白いページに文字が浮かびあがって語られ、現代美術作家・近藤恵介と共作した古川日出男「その屋敷を覆う、覆す、覆う」はブックインブック風の体裁を伴うなど、小説とアート、詩、マンガ、演劇の境界を越え、時空をも超えて生まれた前代未聞のアンソロジーとなっています。

 その刊行を記念して、執筆者の阿部和重さん、古川日出男さん、山崎ナオコーラさん、青木淳悟さん、そして編者の福永信さんに、この本がどのようにしてできたのか、お話しいただきます。この5人が一堂に会するのは、これが初めて! 執筆陣「全員」ではないけれど、この貴重な機会をぜひお聴き逃しなく! また、イベント終了後には、サイン会ならぬハンコおし会も予定しているので、こちらもどうぞお楽しみに!

※当日イベント後に、阿部さん、古川さん、山崎さん、青木さん、福永さんによるハンコおし会を行います。なお、対象書籍は『小説の家』に限らせていただきます(ごめんなさい!)。本は会場でも販売いたします。

開催日時 2016年7月29日(金) 19:00〜20:30
会場 la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko 東京都新宿区矢来町67
URL 詳細はホームページをご覧ください。
備考 ※ご購入いただいたチケットの、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。

※開場は開演の30分前です。

著者紹介

阿部和重アベ・カズシゲ

1968年9月23日山形県東根市神町生れ。小説家、映画評論家。日本映画学校(現・日本映画大学)卒業。演出助手などを経て、1994年に『アメリカの夜』で群像新人文学賞受賞。2005年に『グランド・フィナーレ』で芥川賞受賞。2010年に『ピストルズ』で谷崎賞受賞。主な著書に『インディヴィジュアル・プロジェクション』『ニッポニアニッポン』『シンセミア』『クエーサーと13番目の柱』『Deluxe Edition』『映画覚書vol.1』等。

古川日出男フルカワ・ヒデオ

1966年福島県郡山市生まれ。1998年に『13』で小説家デビュー。2002年、『アラビアの夜の種族』で日本推理作家協会賞および日本SF大賞を受賞。2006年、『LOVE』で三島由紀夫賞を受賞。2015年刊行の『女たち三百人の裏切りの書』で、野間文芸新人賞および読売文学賞(小説賞)を受賞。他の作品に『聖家族』『馬たちよ、それでも光は無垢で』『冬眠する熊に添い寝してごらん』など。

山崎ナオコーラヤマザキ・ナオコーラ

1978(昭和53)年、福岡県生れ。埼玉県育ち。國學院大學文学部日本文学科卒業。卒業論文は「『源氏物語』浮舟論」。2004(平成16)年、会社員をしながら書いた「人のセックスを笑うな」が第41回文藝賞を受賞し、作家デビュー。著書に『人のセックスを笑うな』『浮世でランチ』『カツラ美容室別室』『論理と感性は相反しない』『長い終わりが始まる』『男と点と線』『モサ』(荒井良二氏との共著)『「『ジューシー』ってなんですか?」』『あたしはビー玉』『ニキの屈辱』『この世は二人組ではできあがらない』『昼田とハッコウ』『美しい距離』、エッセイ集に『指先からソーダ』『男友だちを作ろう』などがある。目標は「誰にでもわかる言葉で誰にも書けない文章を書きたい」。

青木淳悟アオキ・ジュンゴ

1979年埼玉県生まれ。2003年「四十日と四十夜のメルヘン」で新潮新人賞を受賞してデビュー。2005年、同作を収めた作品集『四十日と四十夜のメルヘン』で野間文芸新人賞を受賞。2012年『私のいない高校』で三島由紀夫賞受賞。他の著書に『いい子は家で』『このあいだ東京でね』『男一代之改革』『匿名芸術家』『学校から近い家』がある。

福永信フクナガ・シン

1972年、東京生まれ。1998年、「読み終えて」で第1回ストリートノベル大賞を受賞してデビュー。2015年、第5回早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞受賞。著書に『アクロバット前夜』(2001/新装版『アクロバット前夜90°』2009)、『コップとコッペパンとペン』(2007)、村瀬恭子との共著に『あっぷあっぷ』(2004)『星座から見た地球』(2010)、『三姉妹とその友達』(2013)などがある。

書籍紹介