ホーム > News Headlines > 高山なおみの、『犬が星見た』をめぐる夏の旅

イベント/書店情報終了しました

高山なおみ『ロシア日記 シベリア鉄道に乗って』『ウズベキスタン 空想料理の故郷へ』刊行記念トークショー&サイン会

高山なおみの、『犬が星見た』をめぐる夏の旅

【イベント内容】
-ロシア、ウズベキスタンの半月ずつの旅の写真&朗読-
料理家で文筆家の高山なおみさんと、旅の相棒・画家の川原真由美さんが、好きでたまらない武田百合子さんのまなざしをたどり、大地に根ざしたような人々、体に沁みわたる味わい、どこか懐かしい風景とのドキドキするような出会いを語ります。

開催日時 2016年8月18 日(木) 開場18:30 イベント開始19:00
会場 HMV & BOOKS TOKYO 6Fイベントスペース
URL 詳細はホームページをご覧ください。
備考 【参加方法】
7月29日発売の、高山なおみさんの最新エッセイ
『ロシア日記 シベリア鉄道に乗って』
『ウズベキスタン 空想料理の故郷へ』
いずれかを当店にてご購入の方に参加整理券を1冊に付き1枚、5Fレジカウンターにてお渡しいたします。
※整理券1枚につきお一人参加いただけます。
※整理券はお電話でのご予約も承ります。
ご予約の際はご希望の書籍名をお知らせ下さい。
電話:03-5784-3270 HMV&BOOKS TOKYO(営業時間:11:00~23:00)
※トーク終了後にサイン会を行います。
 サインをご希望の方は、ご購入頂いた対象書籍を当日忘れずにお持ち下さい。

著者紹介

高山なおみタカヤマ・ナオミ

1958年静岡県生まれ。レストランのシェフを経て料理家に。文筆家としても活躍。著書に、『帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。』、『日々ごはん』、『フランス日記』、『高山ふとんシネマ』、『押し入れの虫干し』、『明日もいち日、ぶじ日記』、『気ぬけごはん』、『高山なおみのはなべろ読書記』、『きえもの日記』など。近刊に『帰ってきた日々ごはん(2)』、『ロシア日記―シベリア鉄道に乗って―』と同時発売の『ウズベキスタン日記―空想料理の故郷へ―』がある。『野菜だより』、『料理=高山なおみ』、『実用の料理ごはん』ほか料理本も多数。絵本にも取り組んでおり、『どもるどだっく』、近刊『たべたあい』(いずれも絵・中野真典)を準備中。夫・スイセイ(発明家・工作家)との初めての共著『ココアどこ わたしはゴマだれ』が2016年秋に刊行予定。

書籍紹介