ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:白石一文

白石一文

シライシ・カズフミ

著者プロフィール

1958(昭和33)年福岡県生れ。早稲田大学政治経済学部卒業。文藝春秋勤務を経て、2000(平成12)年『一瞬の光』でデビュー。2009年『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』で山本周五郎賞を、翌2010年には『ほかならぬ人へ』で直木賞を受賞。他に『不自由な心』『すぐそばの彼方』『僕のなかの壊れていない部分』『私という運命について』『どれくらいの愛情』『心に龍をちりばめて』『この世の全部を敵に回して』『砂の上のあなた』『翼』『幻影の星』『火口のふたり』『神秘』『愛なんて嘘』『ここは私たちのいない場所』『記憶の渚にて』『光のない海』など著書多数。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

白石一文
登録する

書籍一覧

白石一文が紹介した本