ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:泉鏡花

泉鏡花

イズミ・キョウカ

著者プロフィール

1873(明治6)年、金沢生れ。本名・鏡太郎。北陸英和学校中退。1890(明治23)年上京、翌年より尾崎紅葉に師事。'95年発表の「夜行巡査」「外科室」が"観念小説"の呼称を得て新進作家としての地歩を確立。以後、「照葉狂言」(1896年)、「高野聖」(1900年)、「婦系図」(1907年)、「歌行燈」(1910年)等、浪漫的・神秘的作風に転じ、明治・大正・昭和を通じて独自の境地を開いた。生誕百年の1973(昭和48)年には金沢市により泉鏡花文学賞が創設された。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

泉鏡花
登録する

書籍一覧