ホーム > 書籍詳細:葬送の仕事師たち

葬儀社社員、納棺師、エンバーマー、火葬場職員……。「死」と向き合うプロたちの姿。

葬送の仕事師たち

井上理津子/著

594円(税込)

本の仕様

発売日:2018/02/01

読み仮名 ソウソウノシゴトシタチ
装幀 黒住周作/カバー写真、新潮社装幀室/デザイン
雑誌から生まれた本 新潮45から生まれた本
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-126393-9
C-CODE 0195
整理番号 い-121-2
ジャンル ノンフィクション
定価 594円

誰にでも、いつかは必ずやってくる人生の終わり。旅立ちの手助けを生業とする人たちがいる。葬儀社社員、湯灌師、納棺師、復元師、エンバーマー、火葬場職員……。なぜこの職業を選んだのか。どんな思いを抱いて働いているのか。忘れられない経験とは。著者は、「死」と向き合うプロたちの言葉に耳を傾け、葬送の現場を見て歩く。光があたることのなかった仕事を描破した感動のルポルタージュ。

著者プロフィール

井上理津子 イノウエ・リツコ

1955(昭和30)年、奈良市生れ。フリーライター。京都女子大学短期大学部卒。タウン誌記者を経てフリーに。人物ルポや旅、酒場をテーマに執筆してきた。2010(平成22)年、長く暮らした大阪から、拠点を東京に移す。著書に『さいごの色街 飛田』『葬送の仕事師たち』『親を送る』『関西かくし味』『遊廓の産院から』『名物「本屋さん」をゆく』『旅情酒場をゆく』『はじまりは大阪にあり』『大阪下町酒場列伝』『すごい古書店 変な図書館』、『ポケット版 大阪名物』『関西名物』(共著)など。

目次

第一章 「葬儀のプロ」を志す若者たち
「あの人のような仕事をしたい」/葬祭ディレクター技能審査/あの空襲の日に/座ってお別れ/かすかな微笑み
第二章 それぞれの「葬儀屋稼業」
きれいな「ご遺体」ばかりではない/「イベント業の感覚で」/とっさに浮かんだ詩/給料袋が立つ
第三章 湯灌・納棺・復元の現場
葬儀業界の裏側を知りたい/モノトーンの「劇場」で/「神業だ」/この仕事を続ける覚悟
第四章 エンバーマーたち
血液を薬液に交換する/死をひきずらないために/ベースは黄金率/別れの時間をコントロール
第五章 火葬場で働く人々
急がれた火葬場の建設/点火の後の一時間/「きれいに焼く」/最新の火葬炉であっても
第六章 「超多死社会」に向けて
「尊厳あるシンプルなお葬式を」/立体駐車場方式/「思い」を汲み取る/究極の小さな葬儀とは
あとがき
文庫版あとがき
主要参考文献
死の「裏方」を知る 佐々涼子

判型違い(書籍)

感想を送る

新刊お知らせメール

井上理津子
登録する

書籍の分類

同じジャンルの本

葬送の仕事師たち

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto