ホーム > 書籍詳細:ブレーメンの音楽師―グリム童話集III―

不条理、滑稽、歓喜、神…。人の営み、すべてはここに。

ブレーメンの音楽師―グリム童話集III―

グリム兄弟/著、植田敏郎/訳

562円(税込)

本の仕様

発売日:1967/12/10

読み仮名 ブレーメンノオンガクシグリムドウワシュウ03
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-208303-1
C-CODE 0197
整理番号 ク-1-3
ジャンル 文芸作品、評論・文学研究、読み物
定価 562円

ドイツ民族の中を流れる最も民族的なものに愛着を感じ、そこに民族の魂の発露を見たグリム兄弟がとらえたメルヘンの世界。本書には表題作のほか、『水の妖精』『悪魔とその祖母』『名親としての死神』『幸福のハンス』『三人の糸紡ぎ女』『狼と七匹の子やぎ』『赤ずきん』『いばら姫』『狐と鵞鳥』など38編を収録。人の心を美しく気高くするグリム童話の真髄を伝える小品集である。

著者プロフィール

グリム兄弟 Grimm,Jacob Grimm,Wilhelm

●ヤーコプ・グリム(1785-1863) ●ヴィルヘイム・グリム(1786-1859) ドイツの文献学者、言語学者。ハーナウの弁護士の家に生る。学究肌の兄ヤーコプと詩人肌の弟ヴィルヘルムは、常に行を共にし、ドイツ民族の魂の発露たるものの収集、刊行、研究に情熱を注ぎ、ゲルマン文献学に大きな功績を遺した。その成果は『子供と家庭のための童話』『ドイツ伝説集』、代々の学者に引きつがれて1961年に完成した『ドイツ語辞典』等。兄には大作『ドイツ語文法』もある。

植田敏郎 ウエダ・トシロウ

(1908-1992)広島生れ。東京帝大独文科卒。1931年渡欧、ウィーン大学等で学ぶ。専門はゲーテ時代のドイツ文学で、学習院大、一橋大教授等を歴任。一方日独の児童文学の架け橋となる著作翻訳を行った。翻訳文化賞等受賞多数。

関連書籍

まとめテーマでくくる 本選びのヒント

感想を送る

新刊お知らせメール

グリム兄弟
登録する
植田敏郎
登録する
文芸作品
登録する
評論・文学研究
登録する
読み物
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

ブレーメンの音楽師―グリム童話集III―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto