ホーム > 文学賞 > 川端康成文学賞

川端康成文学賞

主催:川端康成記念会 協力:新潮社 発表誌:「新潮」

 第42回 川端康成文学賞 受賞作品

生鮮てるてる坊主

山田詠美

第42回 川端康成文学賞 候補作品

呼び声、もしくはサンザシ 金井美恵子
ふるさと いしいしんじ
ある失踪 石原慎太郎
三井愛子の悩み事 玄月
藤沢周
生鮮てるてる坊主 山田詠美

第42回 選考委員

審査委員の津島佑子氏は二月十八日に逝去されたため、本年度の選考は四人の審査委員によって行われました。

 第42回 賞規定

授賞対象:昨年度の文芸、総合、読物の各雑誌、ならびに単行本に発表された短篇小説
選考委員:角田光代、辻原登、津島佑子、堀江敏幸、村田喜代子(五十音順)
賞品:記念品および副賞百万円
主催・川端康成記念会/後援・新潮社

川端康成文学賞について

この賞は故川端康成氏の残された偉大な業績を長く後世に伝えるために、昭和四十七年に設立された財団法人・川端康成記念会の事業の一環で、本賞、賞金等は故人の受けた「ノーベル文学賞賞金」を基金としています。審査の対象は短篇小説とし、その年度における最も完成度の高い作品に授賞します。各方面のご協力を感謝すると共に、今後とも御支援をお願い致します。

過去の受賞作品

新潮社刊行の受賞作品

受賞発表誌