ホーム > 文学賞 > 川端康成文学賞

川端康成文学賞

主催:川端康成記念会 後援:新潮社 発表誌:「新潮」

 第43回 川端康成文学賞 受賞作品

文字渦

円城塔

「新潮」 平成28年 5月号

選考委員 荒川洋治さんのスピーチ

関連リンク

受賞のことば

 いつのまにやら作家暮らしも十年となり、そんな節目に大きな賞を頂けたことはとてもうれしく、ありがたい。
 本作を書きはじめたのは自分の中の何かがかわりはじめた時期にあたり、それは多分、もぐることによる浮上であるとか、特殊化による一般化とでもいうものである。
 東洋や日本への回帰ということでもあるが、加齢とともに様々のことがうるさくなってきただけという気もする。
 小説をめぐる環境の変化を考えたとき、借り物ではなく、手に馴染んだ道具でなければやっていけなくなるかもしれないという危機感もあった。
 この文章を書きながら、賞を頂いたのは小説であり、自分はその代理人であるべきだという気持ちがしてきた。人工小説がやがて小説に届いたならば、人工小説自身が受賞の言葉を書くはずなのだが、不徳の故にいたらない。
 精進いたします。

円城塔氏略歴〕

一九七二年、北海道生まれ。二〇〇七年「オブ・ザ・ベースボール」で文學界新人賞、二〇一〇年『烏有此譚』で野間文芸新人賞、二〇一二年『道化師の蝶』で芥川賞、『屍者の帝国』(伊藤計劃との共著)で日本SF大賞特別賞を受賞。他の著作に『Self-Reference ENGINE』『これはペンです』『エピローグ』『プロローグ』などがある。

第43回 選考委員

 第43回 賞規定

授賞対象:昨年度の文芸、総合、読物の各雑誌、ならびに単行本に発表された短篇小説
選考委員:荒川洋治、角田光代、辻原登、堀江敏幸、村田喜代子(五十音順)
賞品:記念品および副賞百万円
主催・川端康成記念会/後援・新潮社

川端康成文学賞について

この賞は故川端康成氏の残された偉大な業績を長く後世に伝えるために、昭和四十七年に設立された財団法人・川端康成記念会の事業の一環で、本賞、賞金等は故人の受けた「ノーベル文学賞賞金」を基金としています。審査の対象は短篇小説とし、その年度における最も完成度の高い作品に授賞します。各方面のご協力を感謝すると共に、今後とも御支援をお願い致します。

過去の受賞作品

新潮社刊行の受賞作品

受賞発表誌