ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:乙川優三郎

乙川優三郎

オトカワ・ユウザブロウ

著者プロフィール

1953年東京生まれ。外資系ホテル勤務などを経て1996年小説家デビュー。2001年『五年の梅』で山本周五郎賞、2002年『生きる』で直木三十五賞、2013年、初の現代小説『脊梁山脈』で大佛次郎賞、2016年『太陽は気を失う』で芸術選奨文部科学大臣賞、2017年『ロゴスの市』で島清恋愛文学賞。著書に『トワイライト・シャッフル』『麗しき花実』など。『R.S.ヴィラセニョール』はパッションを抱き、挑むことを怖れぬ人々を描いた長篇小説である。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

乙川優三郎
登録する

書籍一覧

乙川優三郎が紹介した本