ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:三浦しをん

三浦しをん

ミウラ・シヲン

著者プロフィール

1976(昭和51)年、東京生れ。早稲田大学第一文学部卒業。2000(平成12)年、書下ろし長篇小説『格闘する者に○(まる)』でデビュー。以後、『月魚』『秘密の花園』『私が語りはじめた彼は』などの小説を発表。『乙女なげやり』『ビロウな話で恐縮です日記』『あやつられ文楽鑑賞』『お友だちからお願いします』など、エッセイ集も注目を集める。2006年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞を、2012年『舟を編む』で本屋大賞を受賞。他に小説『むかしのはなし』『風が強く吹いている』『仏果を得ず』『光』『神去なあなあ日常』『神去なあなあ夜話』『天国旅行』『木暮荘物語』『政と源』『まほろ駅前狂騒曲』などがある。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

三浦しをん
登録する

書籍一覧

三浦しをんが紹介した本