十二国記 新潮社公式サイト 十二国記 新潮社公式サイト

「⼗⼆国記」30年史 「⼗⼆国記」30年史

ファンの皆様と歩んできた30年を、トピックを交えご紹介

  • 1991年 (平成3年)

    9⽉25⽇

    シリーズ「エピソード0」となる『魔性の⼦』(新潮⽂庫)刊⾏。

    新潮⽂庫ファンタジーノベル・シリーズの⼀作として刊⾏された。17歳の少年の周辺で相次ぐ不可解な出来事は、ホラーとミステリを内包した新たなファンタジーとして注⽬された。

    『魔性の⼦』(新潮⽂庫)
  • 1992年 (平成4年)

    6月11日

    シリーズの本編第一作『月の影 影の海』上・下(講談社X文庫ホワイトハート)刊行。

    講談社X文庫ホワイトハートで刊行された第一作。女子高生を主人公とした日本と異界を繋ぐ物語だが、これまでのファンタジーの概念を覆す異色作として話題に。後にシリーズ化。

    『⽉の影 影の海』(新潮⽂庫)
  • 1993年 (平成5年)

    『⾵の海 迷宮の岸』上・下(講談社X⽂庫ホワイトハート)刊⾏。

  • 1994年 (平成6年)

    『東の海神 ⻄の滄海』(講談社X⽂庫ホワイトハート)刊⾏。
    『⾵の万⾥ 黎明の空』上・下(講談社X⽂庫ホワイトハート)刊⾏。

    シリーズ名「十二国記」に

    講談社X文庫ホワイトハート版の刊行が始まった1992年当時、シリーズ名はまだなかった。「十二国記」とカバーに記されたのは『風の万里 黎明の空』下巻から!

  • 1996年 (平成8年)

    『図南の翼』(講談社X⽂庫ホワイトハート)刊⾏。

  • 2000年 (平成12年)

    講談社文庫版スタート

    X文庫はヤングアダルト世代が中心だったことから、一般読者にも届けることを目的として、講談社文庫版の刊行が始まる。装丁は菊地信義氏。

  • 2001年 (平成13年)

    『⻩昏の岸 暁の天』(講談社⽂庫)刊⾏。
    短編集『華胥の幽夢』(講談社⽂庫)刊⾏。

  • 2002-03年 (平成14-15年)

    4月9日

    NHK「衛星アニメ劇場」でテレビアニメ化。

    2002年4月から翌年8月までNHKーBS2で放送された。原作を知らない当時の小・中学生たちも、アニメをきっかけに小説を読み始めたという声が、いまも多く寄せられる。

    アニメーション

    2002年4月から翌年8月までテレビ放送されたアニメは、その後、DVD、CD、アニメブック、脚本集など、様々なアイテムとなり多くのファンに親しまれている。

  • 2003・04年 (平成15・16年)

    ゲーム

    PS2版ゲームソフト2作が発売された。「紅蓮の標 黄塵の路」(2003年)、「赫々たる王道 紅緑の羽化」(2004年)。制作:(株)コナミコンピュータエンタテインメントジャパン、発売:コナミ(株)。

  • 2007年~ (平成19年~)

    海外翻訳

    これまでに、台湾、韓国、北米、フランス、ドイツなど各国語に翻訳され、海外でも読まれてきた。2021年9月現在、入手可能なものは台湾版と韓国語版である。

  • 2008年 (平成20年)

    2月27日

    書下ろし短編「丕緒の鳥」が「yom yom」で発表。

    7年の沈黙を経て書下ろし新作短編「丕緒の鳥」が新潮社の文芸雑誌「yom yom」vol.6に掲載される。同号は異例の10万部を発行。翌年発売のvol.12には短編「落照の獄」が発表された。

  • 2012年 (平成24年)

    7月1日

    《完全版》十二国記の刊行が始まる。

    『魔性の子』は独立した一冊として刊行されたが、実はシリーズへと繋がる物語であることから、この年より新潮文庫で《完全版》として全作を刊行。講談社版とは刊行順が異なる巻もある。

    読者プレゼント

    「十二国記の日」と新作刊行を記念したプレゼントを企画。ポストカード&スマホ壁紙、小野不由美氏から暑中見舞いが届く、子年に楽俊の年賀状ダウンロード等々。イラストは、すべて山田章博氏の描き下ろし!

  • 2013年 (平成25年)

    オリジナル・グッズ

    作品世界を彩る山田章博氏のイラストを使用した「十二国記」オリジナル・グッズが登場。

    詳細はコチラ
  • 2014年 (平成26年)

    「十二国記」画集

    〈第一集〉『久遠の庭』刊行。山田章博氏の装画・挿画から、X文庫ホワイトハート版を中心に、描き下ろしを加えた全95点を収録。〈第二集〉『青陽の曲』には《完全版》全点を収録予定!

    「十二国記」画集〈第一集〉久遠の庭
  • 2019年 (令和元年)

    10月12日 11月9日

    18年ぶりの新作長編『白銀の墟 玄の月』刊行。

    エピソード8『黄昏の岸 暁の天』で、王と麒麟が消えたままの戴国。その「謎」に続く新作が、ついに刊行! 原稿約2500枚、全4巻・2か月連続刊行の圧倒的な物語となって登場。

    『⽩銀の墟 ⽞の⽉』(新潮⽂庫)

    新作長編プロモーション

    『白銀の墟 玄の月』刊行を記念して、紀伊國屋書店新宿本店Bzoneにて新作発売記念特別展示を開催。東京メトロ新宿駅では、装画を30本の柱に展開した圧巻の広告が!

    Yahoo!検索大賞

    「Yahoo!検索大賞2019」〈カルチャーカテゴリー小説部門賞〉を受賞。授賞式には「泰麒」が登壇、受賞しました。

    「十二国記」の日

    12月12日の朝日新聞朝刊に、全面広告(地域別に 4バージョン)が掲載された。また新作発売からのニュースをまとめた「十二国記新聞」号外を発行。

  • 2020年 (令和2年)

    吉川英治⽂学賞

    第5回「吉川英治⽂庫賞」⼩野不由美「⼗⼆国記」シリーズが受賞!!

    「ダ・ヴィンチ」BOOK OF THE YEAR 2020

    「ダ・ヴィンチ」BOOK OF THE YEAR 2020⼩説部⾨第1位!