ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:高山文彦

高山文彦

タカヤマ・フミヒコ

著者プロフィール

1958(昭和33)年、宮崎県高千穂町生まれ。法政大学文学部中退。1999年、ハンセン病で早世した作家の評伝『火花―北条民雄の生涯―』(飛鳥新社、のちに角川文庫)で第31回大宅壮一ノンフィクション賞と、第22回講談社ノンフィクション賞を受賞。著書に、「部落解放の父」と呼ばれる松本治一郎の生涯を描いた『水平記』(新潮文庫)や、作家・中上健次の評伝『エレクトラ』(文春文庫)、「部落差別自作自演事件」を追った『どん底』(小学館)などのノンフィクション作品のほか、『父を葬る』(幻戯書房)や『あした、次の駅で。』(ポプラ文庫)などの小説がある。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

高山文彦
登録する

書籍一覧

高山文彦が紹介した本