ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:松本清張

松本清張

マツモト・セイチョウ

著者プロフィール

(1909-1992)小倉市(現・北九州市小倉北区)生れ。給仕、印刷工など種々の職を経て朝日新聞西部本社に入社。41歳で懸賞小説に応募、入選した『西郷札』が直木賞候補となり、1953(昭和28)年、『或る「小倉日記」伝』で芥川賞受賞。1958年の『点と線』は推理小説界に“社会派”の新風を生む。生涯を通じて旺盛な創作活動を展開し、その守備範囲は古代から現代まで多岐に亘った。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

松本清張
登録する

書籍一覧