第1回R-18文学賞 選評―山本文緒氏
最終候補6編とも想像していた水準以上の文章力があり、官能というキーワードの下、それぞれアイディア、発想が工夫されていて、楽しく読ませて頂きました。
「楽園の乙女」は思春期の少女の不気味な葛藤で、ホラー的な凄みを狙ったのだと思いますが、筆力及ばず気味の悪い読後感しか残りませんでした。何故少女が人肌、特に男性のそれを嫌悪するのか、1行だけでも理由をほのめかせてくれたら、読み手がもう少し想像を広げることができたと思います。着目点と、毛虫が蛾に変わるくだりの表現は大変良かったです。

「マゼンタ100」を私は1番に推しました。タイトル、エピソード、人物造形、大阪弁の語り口が抜群にうまく破綻のない作品。セックスシーンも良い意味でいやらしさがなく微笑ましい。30枚という短い枚数で長い時間軸を上手にまとめる、プロでも難しい技術が素晴らしい。他の作品も読んでみたいと思わせてくれた方です。
 一点、横森理香さんの『ぼぎちん』に似ていなくもないのが残念でした。

「青空チェリー」は直前まで1番に推すかどうか迷った作品です。
 どこかで読んだ感、というものがないオリジナリティーあふれるストーリーは大きく評価しました。惜しかったのは、友人に出すメールやチャットのような文体がやや過剰だった点。そういうものが悪いわけではなく、冷静に客観視し、わざと使用するならいいのですが、書きとばしているように私は感じました。
 しかしアイディアもエピソードも良く、自慰をここまで明るく小説にできたことには感嘆。19歳という年齢のことを考えると、この素晴らしい才能がどこまで伸びるか楽しみです。

「残像」は文章力があり丁寧に書かれた作品だと思いますが、いかんせんステレオタイプに感じました。読後感が残らない。つまり読み手に何を伝えたいのかがはっきりしていないまま書き上げたのでは、と私は想像します。
 女性の肖像画の油絵を指と掌で描く、というアイディアは良かった。
 読み手の存在を意識したら、もっと良いものが書ける方だと思いました。

「なつの感触」は3番目に推した作品。特別賞のようなものがあったら差し上げたかったです。受賞に一歩及ばなかった点は、文体に個性が乏しく、肝心の真理子という女性の魅力表現が弱かったし、何故二人が疎遠になってしまったのか、理由がまったく書かれていないことを考えると回想にした意味がない。推敲を重ねて無駄を省き焦点を絞ったらもっと良いものになったと思います。しかし、読み手を気持ちよくさせてくれるストーリーで、肉体を楽器として歌う人、それを絵画にする人、というアイディアもよかった。
 こういう小説が好きな読み手が沢山存在することは確かだと思います。

「under my skin」はいろいろな意味でよく分からなかった作品。
 体毛に着目したのは良かったのですが、美容院での最後のシーンが妄想なのかそうでないのか分からなかったし、どちらにしても不自然。
 ラストのまとめは落第。ない方がまだ良かったかも。しかし回想シーンは非常に上手で、年下の恋人に陰毛を剃られるシーンはとても良かったです。
 冬を前にして髪をショートにするなどのディテールの可愛さもところどころあり、これから量を書いていけば伸びる人だろうと私は感じました。