ホーム > 新潮文庫 > 新潮文庫メール アーカイブス > こんな傑作があったのか!? 名作ばかりを収めた短編アンソロジー「日本文学100年の名作」全10巻が完結!
新潮文庫メールマガジン アーカイブス
こんな傑作があったのか!? 名作ばかりを収めた短編アンソロジー「日本文学100年の名作」全10巻が完結!


 新潮文庫が創刊された1914年から2013年までの100年間に発表された短編を池内紀(ドイツ文学者)・川本三郎(評論家)・松田哲夫(編集者)の三人が渉猟し、「これぞ永遠の名作」「こんな傑作があったのか」と思われる短編を厳選し、全10巻のアンソロジーにまとめました。

 神楽坂に誕生した新業態の商業施設「la kagu」で催されたイベントでは、

 大作家や文学史に残るような作家の外せない作品を並べながらも、読者にとっての「発見」を大事にし、マイナーで「掘り出し物」と思えるような、現代ではなかなか読むことのできない貴重な作家の作品を盛り込んでいる、

 と明かされました。

 来場した読者からはどのような作品が選外として漏れたのか気になるとの声もあがり、

 文学史上で評価されていても、時代が変わると読むに堪えないものがあった。大正時代を例に挙げ「新感覚派」「プロレタリア文学」「私小説」「白樺派」あたりはほとんど漏れてしまった、

 と語り、「新感覚派」の某大作家なども入らなかったといいます。

 収録された作品は全部で145編。
 詳細な著者紹介のみならず、巻末には編者による各作品の簡明な「読みどころ」を付し、分かりにくい語句には註解もつけました。

「どこから読んでも楽しめる」「大きな活字で読みやすい」と評判の「日本文学の新たな羅針盤」となる短編全集です。







日本文学100年の名作第1巻1914-1923 夢見る部屋
池内紀/編、川本三郎/編、松田哲夫/編

第一次世界大戦が勃発し、関東大震災が発生――。激動の10年間に何が書かれていたのか。荒畑寒村「父親」/森鴎外「寒山拾得」/佐藤春夫「指紋」/谷崎潤一郎「小さな王国」/宮地嘉六「ある職工の手記」/芥川龍之介「妙な話」/内田百閒「件」/長谷川如是閑「象やの粂さん」/宇野浩二「夢見る部屋」/稲垣足穂「黄漠奇聞」/江戸川乱歩「二銭銅貨」。

ISBN:978-4-10-127432-4 発売日:2014/09/01


767円(定価) 購入




日本文学100年の名作第2巻1924-1933 幸福の持参者
池内紀/編、川本三郎/編、松田哲夫/編

関東大震災からの復興、昭和改元、漂う大戦の気配――。この10年だから生れた、厳選15編。中勘助「島守」/岡本綺堂「利根の渡」/梶井基次郎「Kの昇天」/島崎藤村「食堂」/黒島伝治「渦巻ける烏の群」/加能作次郎「幸福の持参者」/夢野久作「瓶詰地獄」/水上瀧太郎「遺産」/龍胆寺雄「機関車に巣喰う」/林芙美子「風琴と魚の町」/尾崎翠「地下室アントンの一夜」/上林暁「薔薇盗人」/堀辰雄「麦藁帽子」/大佛次郎「詩人」/広津和郎「訓練されたる人情」

ISBN:978-4-10-127433-1 発売日:2014/10/01


810円(定価) 購入




日本文学100年の名作第3巻1934-1943 三月の第四日曜
池内紀/編、川本三郎/編、松田哲夫/編

日中戦争、第二次世界大戦が勃発、史上最大の戦時に。過酷な時代を文学はどう生きたか。萩原朔太郎「猫町」/武田麟太郎「一の酉」/菊池寛「仇討禁止令」/尾崎一雄「玄関風呂」/石川淳「マルスの歌」/中山義秀「厚物咲」/幸田露伴「幻談」/岡本かの子「鮨」/川崎長太郎「裸木」/海音寺潮五郎「唐薯武士」/宮本百合子「三月の第四日曜」/矢田津世子「茶粥の記」/中島敦「夫婦」。

ISBN:978-4-10-127434-8 発売日:2014/11/01


810円(定価) 購入




日本文学100年の名作第4巻1944-1953 木の都
池内紀/編、川本三郎/編、松田哲夫/編

第二次世界大戦の敗北、GHQによる支配――。日本に激震が走った10年間の15編を収録。織田作之助「木の都」/豊島与志雄「沼のほとり」/坂口安吾「白痴」/太宰治「トカトントン」/永井荷風「羊羹」/獅子文六「塩百姓」/島尾敏雄「島の果て」/大岡昇平「食慾について」/永井龍男「朝霧」/井伏鱒二「遥拝隊長」/松本清張「くるま宿」/小山清「落穂拾い」/長谷川四郎「鶴」/五味康祐「喪神」/室生犀星「生涯の垣根」。

ISBN:978-4-10-127435-5 発売日:2014/12/01

映画化

810円(定価) 購入




日本文学100年の名作第5巻1954-1963 百万円煎餅
池内紀/編、川本三郎/編、松田哲夫/編

敗戦から10年。描かれたのは戦争の爪痕か、未来の日本の肖像か。16編の傑作を収録。梅崎春生「突堤にて」/芝木好子「洲崎パラダイス」/邱永漢「毛澤西」/吉田健一「マクナマス氏行状記」/吉行淳之介「寝台の舟」/星新一「おーい でてこーい」/有吉佐和子「江口の里」/山本周五郎「その木戸を通って」/三島由紀夫「百万円煎餅」/森茉莉「贅沢貧乏」/井上靖「補陀落渡海記」/河野多惠子「幼児狩り」/佐多稲子「水」/山川方夫「待っている女」/長谷川伸「山本孫三郎」/瀬戸内寂聴「霊柩車」。

ISBN:978-4-10-127436-2 発売日:2015/01/01


853円(定価) 購入




日本文学100年の名作第6巻1964-1973 ベトナム姐ちゃん
池内紀/編、川本三郎/編、松田哲夫/編

五輪に万博。好景気に沸く時代にも、文学は実直に鮮やかに日本の姿を映し出す。厳選12編。川端康成「片腕」/大江健三郎「空の怪物アグイー」/司馬遼太郎「倉敷の若旦那」/和田誠「おさる日記」/木山捷平「軽石」/野坂昭如「ベトナム姐ちゃん」/小松左京「くだんのはは」/陳舜臣「幻の百花双瞳」/池波正太郎「お千代」/古山高麗雄「蟻の自由」/安岡章太郎「球の行方」/野呂邦暢「鳥たちの河口」。

ISBN:978-4-10-127437-9 発売日:2015/02/01


853円(定価) 購入




日本文学100年の名作第7巻1974-1983 公然の秘密
池内紀/編、川本三郎/編、松田哲夫/編

石油危機、ロッキード事件、日航機ハイジャック――。混乱と狂騒のなか生まれた17の名作。筒井康隆「五郎八航空」/柴田錬三郎「長崎奉行始末」/円地文子「花の下もと」/安部公房「公然の秘密」/三浦哲郎「おおるり」/富岡多惠子「動物の葬禮」/藤沢周平「小さな橋で」/田中小実昌「ポロポロ」/神吉拓郎「二ノ橋 柳亭」/井上ひさし「唐来参和」/李恢成「哭」/色川武大「善人ハム」/阿刀田高「干魚と漏電」/遠藤周作「夫婦の一日」/黒井千次「石の話」/向田邦子「鮒」/竹西寛子「蘭」。

ISBN:978-4-10-127438-6 発売日:2015/03/01


853円(定価) 購入




日本文学100年の名作第8巻1984-1993 薄情くじら
池内紀/編、川本三郎/編、松田哲夫/編

バブルが芽生え、やがて弾けて平成不況に突入する転換点。この時期に生まれた名作14編。深沢七郎「極楽まくらおとし図」/佐藤泰志「美しい夏」/高井有一「半日の放浪」/田辺聖子「薄情くじら」/隆慶一郎「慶安御前試合」/宮本輝「力道山の弟」/尾辻克彦「出口」/開高健「掌のなかの海」/山田詠美「ひよこの眼」/中島らも「白いメリーさん」/阿川弘之「鮨」/大城立裕「夏草」/宮部みゆき「神無月」/北村薫「ものがたり」。

ISBN:978-4-10-127439-3 発売日:2015/04/01


810円(定価) 購入




日本文学100年の名作第9巻1994-2003 アイロンのある風景
池内紀/編、川本三郎/編、松田哲夫/編

阪神・淡路大震災と復興。情報革命。変わるものと変わらぬもの。世紀を跨ぐ十年を彩る16編。辻原登「塩山再訪」/吉村昭「梅の蕾」/浅田次郎「ラブ・レター」/林真理子「年賀状」/村田喜代子「望潮」/津村節子「初天神」/川上弘美「さやさや」/新津きよみ「ホーム・パーティー」/重松清「セッちゃん」/村上春樹「アイロンのある風景」/吉本ばなな「田所さん」/山本文緒「庭」/小池真理子「一角獣」/江國香織「清水夫妻」/堀江敏幸「ピラニア」/乙川優三郎「散り花」。

ISBN:978-4-10-127440-9 発売日:2015/05/01


810円(定価) 購入




日本文学100年の名作第10巻2004-2013 バタフライ和文タイプ事務所
池内紀/編、川本三郎/編、松田哲夫/編

自衛隊のイラク派遣、東日本大震災と原発事故。激動の現代を鮮やかに映し出す傑作16編。小川洋子「バタフライ和文タイプ事務所」/桐野夏生「アンボス・ムンドス」/吉田修一「風来温泉」/伊集院静「朝顔」/恩田陸「かたつむり注意報」/三浦しをん「冬の一等星」/角田光代「くまちゃん」/森見登美彦「宵山姉妹」/木内昇「てのひら」/道尾秀介「春の蝶」/桜木紫乃「海へ」/高樹のぶ子「トモスイ」/山白朝子「〆」/辻村深月「仁志野町の泥棒」/伊坂幸太郎「ルックスライク」/絲山秋子「神と増田喜十郎」。

ISBN:978-4-10-127441-6 発売日:2015/06/01


961円(定価) 購入



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年05月20日   お知らせ / 今月の1冊
  •    
  •