新潮文庫メールマガジン アーカイブス
今月の1冊


 明けましておめでとうございます。今年はいつもの人混みの「初詣」や、「箱根駅伝」を眺めながら皆で囲む「重箱おせち」といった「日本の伝統」のお正月の過ごし方が恋しくなることもあったのではないでしょうか。......でも、ちょっと待ってください。それって本当に昔からある伝統でしょうか? 一見それらしい「古来から連綿と続く」「昔からのしきたり」「和の心」には、じつはごく最近つくられた新しい伝統も多いのです。「土下座」が謝罪のポーズになったのも、「喪服」が黒になったのも、「白菜」が食卓に並ぶようになったのも、じつはそんなに昔のことではなかったりするのです。古式ゆかしい伝統感抜群の京野菜「万願寺とうがらし」も、じつは「カリフォルニア・ワンダー」から生み出された新野菜だったってご存じでしたか? 知れば知るほど面白い、誰かに話したくなる「伝統」の「?」や「!」を楽しむ本です。毎日1項目ずつ読むような「トイレ読書」にもオススメの1冊です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月15日   今月の1冊


 新春4日にNHKニュースウォッチ9で放送された塩野七生さんのインタビューをご覧になった方も多いと思いますが、2年ぶりとなる書き下ろし新作を刊行いたしました。

 インタビューでも触れられていましたが、検疫を意味する英語「quarantine」はヴェネツィア方言のイタリア語が語源です。ジブラルタル海峡を抜けて現在のオランダまで、そしてボスポラス海峡を抜けて黒海まで交易先を求めて旅したヴェネツィア人ですが、検疫、防疫は死活問題であった彼らの生き方に、現在のコロナ禍を生きる私たちが学ぶところは多いかもしれません。

 オスマン帝国や神聖ローマ帝国、スペイン王国、フランス王国といった巨大な領土をもつ列強に囲まれながら、小さな小さな島国ながらも独特の存在感を誇ったその姿も、われわれ日本人が自らを重ね合わせたくなるところがあります。

 塩野七生さんがふたたびルネサンス期のヴェネツィアを描いた意味はそこにあるのかもしれません。本作は「歴史小説」という形をとっていますが、塩野さんのすべての作品と同じく、何百年も昔のことを描きつつ、現代を生きる日本人への提言となっている作品です。ぜひお手に取っていただきたいと思います。

『小説 イタリア・ルネサンス』には、すべての巻に絢爛豪華なルネサンス世界を体現するカラー口絵を収録。文庫版とは思えない美しい造本も話題になっています。口絵を動画に収めましたので、以下からご覧ください。
[→動画を視聴する]

 本の総合情報サイト「BookBang」には刊行記念インタビューが掲載されています。あわせてお楽しみください。
[→インタビューを見る(1)]
[→インタビューを見る(2)]
[→インタビューを見る(3)]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月15日   今月の1冊


 ブームはやがて終わる。だが、人生は続く。一発屋芸人自ら、12組の一発屋に取材し書き上げた、彼らのその後の人生とは――。

 ギター侍、エロ詩吟、ハードゲイ......空前のブームを巻き起こし、テレビから姿を消した彼らの人生はしかし、その後も続いています。本作は自身も一発屋芸人と呼ばれた著者の山田ルイ53世が、レイザーラモンHG、コウメ太夫、テツandトモ、ジョイマン、ムーディ勝山、天津・木村、波田陽区、ハローケイスケ、とにかく明るい安村、キンタロー。、など12組の芸人に追跡取材。今回の文庫化にあたり、新たに「ワイルドだろぉ~?」のスギちゃんの章が加わりました。

 長年コンビを組んでも芽が出ず、事務所を解雇されてしまった経験もあるスギちゃんの下積み期間はなんと18年! ピン芸人として再スタートし、袖なしGジャンと短パンデニムで「だぜぇ」「だろぉ」という芸風を編み出すまでのエピソードは驚きの連続です。そして今、ブーム終了後のスギちゃんを裏で操る人物とは?
 不器用ながら一歩ずつ前に進む芸人たちそれぞれの今に迫り、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞 作品賞」を受賞した、感涙ノンフィクションです。

 文庫の解説はミュージシャンの尾崎世界観が担当。面識のないお二人だそうですが、尾崎さんが実は、山田ルイ53世さんの言葉に救われてきたという意外な過去を赤裸々に執筆。併せてご注目ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月15日   今月の1冊


 病弱な若だんなが、仲間の妖たちとともに、お江戸に起こる難事件・珍事件を解決! ドラマ化、舞台化もされてきた、累計890万部突破の畠中恵氏の大人気「しゃばけ」シリーズは、2021年で20年を迎えます。

 新刊『むすびつき』の発売とともに、20周年を記念したフェアを全国書店でスタートします。オビには国民的人気を誇るのんさんのコメントをいただきました!

「妖たちが可愛くて癒される。無性に、私も仲間に入れて欲しいなあと思いました」
――女優・のんさん

 さらに、しゃばけフェアの作品を購入の読者の方全員に、声優・斉藤壮馬さんによる、畠中恵さんの特別書き下ろし作品「長崎屋あれこれ」の朗読音声が聴けるQRコードをプレゼントします!

『むすびつき』は、輪廻を巡るお話。若だんなはいったい、誰の生まれ変わりなのか......妖たちが推理をはじめます。妖と人との心の絆を描く5編です。

 しゃばけシリーズの作品は、疲れた心を和ませ、じんわり温めてくれます。なかなか気軽にでかけられないこの年末年始のおともにもピッタリです!
[→特設ページはこちら]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月15日   今月の1冊


 累計300万部を突破し、実写映画、アニメ映画も大きな人気を博した『君の膵臓をたべたい』。原作の帯に「読後、きっとこのタイトルに涙する」とある通り、ラストで号泣してしまった人も多いかと思います(私もその一人です。もう何度読んだかわからないのに、先日あった映画の再放送でもまた涙、涙......)。
 著者の住野よるさんは、若い世代の繊細で切実な心の揺れ動きを見事に小説に写し取り、さらにはエンタテインメント作品には必須の「仕掛け」を自在に操る手腕の持ち主。
 4作目となる『か「」く「」し「」ご「」と「』でも、この「痛いほどわかる」心理描写と、驚きに満ちた仕掛けという住野作品の「二大魅力」(!?)を、存分に堪能できます。
 主役は、ちょっとだけ特別な力を持った、高校の5人のクラスメイト。
 いつも「自分なんて......」と地味な自分に引け目を感じている、京くん。文化祭でヒーロー役を務める、明るく元気な女の子、ミッキー。パッパラパーで予測不能、ふざけているようで実は本気? なパラ。体育会系で明るい王子様キャラでクラスみんなの人気者、ヅカ。内気で控えめ、ある日突然不登校になってしまったエル。
 それぞれの秘密が、すれ違ったり、響き合ったり......。とにかくもう、この5人が愛おしくてたまらない! 青春時代はとうに過ぎた編集者も、心をぎゅっと掴まれました。爽やかで、眩しくて、そしてなんだか、5人に元気と勇気をもらえる。
 単行本発売時には品切れ書店が続出、一時は印刷所も(嬉しい?)悲鳴を上げたほどの超人気作が、満を持して文庫になりました。ぜひこの機会にご堪能ください。
[→特設ページはこちら]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月15日   今月の1冊