ホーム > 新潮文庫 > 新潮文庫メール アーカイブス
新潮文庫メールマガジン アーカイブス

alt_text alt_text

 応仁の乱前夜、幕府が弱体化し混迷を極める京の町。天涯孤独の少年、才蔵は、二人のならず者に出会い、彼らから生きる術を学んでいく――。

 本作『室町無頼』は、これまで歴史時代小説であまり描かれることのなかった「室町時代」を舞台に描かれた画期的な作品です。

 ヒーロー無き世の中だからこそ、民衆が主役になれ、秩序無き時代だからこそ、何が起こるかわからないエキサイティングさがある。著者の垣根涼介氏は、呉座勇一氏の『応仁の乱』がブームになる以前からこの時代に目をつけ、徹底的に調べた史実を下敷きに、極上の歴史エンタテインメントを書き上げました。

 史実にも登場する二人の魅力的なはぐれ者、骨皮道賢と蓮田兵衛の奇妙な友情、才蔵が棒術の達人になるために経験する過酷な修業、民衆の思いがひとつになる血湧き肉躍る蜂起など、娯楽小説としての読みどころが満載の本作。しかしながら根底に流れるテーマは「混迷の世に、人はどう生きるか」という、現代人の悩みに通じるものです。

 それは、垣根さんが手がけたリストラ請負人の活躍を描く「君たちに明日はない」シリーズにも通じるものがあります。主人公の村上は、さまざまな企業のリストラに立ち会い、サラリーマンが会社という拠り所を失った時の選択を目にしてきました。

 室町という時代もまた、主君という拠り所を失った牢人たちが、自らの選択と自らの能力でサバイブすることを求められた時代でした。生きぬくために自分の能力を磨く才蔵、幕府の手下ながら自分で選択する道賢、組織に属さず常識を信じない兵衛。私たち読者にこの三人の無頼がとてもまぶしく感じられるのは、彼らが現代人にとっても理想的な生き方を見せてくれているからなのでは、と感じてしまいます。

 エンタメでありながら自らの人生を鑑みるきっかけをくれる傑作です。垣根さんご本人がつづる本作への思いも、ぜひお読みくださいませ。

[→]垣根涼介ホームページ

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月15日   お知らせ / 今月の1冊

alt_text alt_text

 かつて2001年の同時多発テロの直後、ジョージ・W・ブッシュ米大統領が「この十字軍、対テロ戦争は長い時間のかかるものとなるだろう」と演説したところ、紛争が宗教的な意味を帯びてしまうと、世界中で批判が巻き起こりました。しかし、欧米の社会が中東の武装組織との紛争に、「十字軍」的なものを感じることの証左でもありました。

 それから十数年後、アメリカは「イスラム国」と名乗る集団によるテロや誘拐事件に悩まされることになりました。この「イスラム国」は英語では「Islamic State」。彼らが「国=State」という言葉を使ったのは、かつてヨーロッパ各国から中東にやってきた「十字軍」が「十字軍国家=Crusade State」と自称する国を打ち建てたことをイメージしているのかもしれません。

「十字軍」というものはことほどさように、21世紀の現在まで尾を引いている、歴史上の大きな出来事なのです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月15日   お知らせ / 今月の1冊

alt_text alt_text

 累計840万部突破の大人気シリーズ「しゃばけ」。
 今年の新刊文庫は『おおあたり』と『新・しゃばけ読本』の2冊です!

『おおあたり』はシリーズ15弾です。
 栄吉の新作あられの成功に触発された若だんなが、長崎屋の跡取としてやる気を出すのですが、病弱な体がついていかず......。
 謎解き鮮やか、心はほっこりの、運が開ける五作を収録しています。

 そしてもう一冊は、『新・しゃばけ読本』です。
 本作は2010年に刊行された『しゃばけ読本』をリニューアルした、「しゃばけシリーズ入門書」です。

 本編が17作に達し、スピンオフなど関連書籍も多数刊行され、拡がりゆくシリーズの全貌をつかむための一助としていただくために、刊行いたしました。

 全作品のあらすじ紹介、登場する79のキャラクター解説等々、シリーズに関するあらゆる情報を詰め込んでいます。

 その他の読み物もリニューアルされています。
 畠中恵さんに創作の秘密を根ほり葉ほり(!)インタビューしたり、物語を考えながら歩いているという散歩道をご紹介いただいたり、柴田ゆうさんに、イラストを描く過程や画材を公開してもらったり、としゃばけが生まれる現場も大公開しています!

 そして、絵本『みぃつけた』も全編特別収録されています。
 初心者もマニアの方も、しゃばけがもっと好きになる一冊になりました。
 ぜひ、お手に取ってみてくださいね!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月15日   インタビュー / 今月の1冊

alt_text alt_text

 殺人――それは平凡な日常を切り裂く鋭利な凶器。高村薫氏の長篇『冷血』は、歯科医の父母のもと、豊かな感性を育んできた高梨歩が十三歳を迎えて微笑むシーンから始まります。しかし、私たちは気づいています、彼女の生がまもなく残酷に断ち切られてしまうことを。高梨一家四人をこの世から消滅させたのは、闇の求人サイトで知り合った、井上克美と戸田吉生。彼らは大量の証拠をばらまきながら逃走したために、あっけなく逮捕されます。本作のミステリーはまさにこの地点から始まるのです。彼らの犯行を前例や社会通念という鋳型に押し込もうとする人々。その中で、事案に深く関わる刑事・合田雄一郎だけは、ふたりを理解しようと手を差し伸べます。
 捜査員としては明らかに逸脱しているのですが、人間としての根源的な欲求から生じた感情なのでしょう。

『冷血』という世界で、ある時間を生きる。それは楽しみながら頁を繰るという読書経験とは異なります。しかし、続きが気になって、どうしても本を手放すことができない。そして下巻を閉じたとき、読者はきっと複雑な陰影を帯びた感情の波に襲われることでしょう。それこそが本作が傑作と称されている証だと、担当編集者である私は考えています。

 合田のことをさらに知りたくなった方は、『マークスの山』『照柿』『レディ・ジョーカー』をぜひ手に取ってください。新潮文庫では合田シリーズの完全版を揃えています。優秀でありながら異端、たまらなく魅力的なひとりの刑事と、さまざまな理由から罪を犯してしまった者たちとの、壮絶で胸を穿つドラマが、あなたを待っています。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月15日   お知らせ / 今月の1冊

宮本輝/著 『長流の畔―流転の海 第八部―』
宮本輝/著 『長流の畔―流転の海 第八部―』

 宮本輝さんが『流転の海 第一部』の執筆に取りかかったのは、1981年(昭和56年)のことでした。父の物語を3巻本の構想で書き始めたのだそうです。雑誌「海燕」での連載を終え、単行本が福武書店から刊行されたのが1984年7月。その後しばらくの中断があって、第二部『地の星』は、雑誌「新潮」連載を経て1992年11月に刊行されます。 そしてこの夏、「新潮」(2018年7月号)で、第九部『野の春』が完結しました。ちょっと並べてみます。

『流転の海 第一部』
(福武書店版1984年7月刊/
新潮社版1992年11月刊/
新潮文庫版1990年4月刊)
『地の星―流転の海 第二部―』
(1992年11月刊/文庫1996年 2月刊)
『血脈の火―流転の海 第三部―』
(1996年 9月刊/文庫1999年 10月刊)
『天の夜曲―流転の海 第四部―』
(2002年 6月刊/文庫2005年 4月刊)
『花の回廊―流転の海 第五部―』
(2007年 7月刊/文庫2010年1月刊)
『慈雨の音―流転の海 第六部―』
(2011年 8月刊/文庫2014年 3月刊)
『満月の道―流転の海 第七部―』
(2014年 4月刊/文庫2016年 10月刊)
『長流の畔―流転の海 第八部―』
(2016年 6月刊/文庫2018年 10月刊)
『野の春―流転の海 第九部―』
(2018年 10月刊)


 実に37年です。
「流転の海」シリーズは、松坂熊吾まつざかくまごという愛媛県の南宇和出身の男の物語です。妻房江ふさえ、一人息子の伸仁のぶひとの物語でもあります。第一部では、戦前に自動車の中古部品の販売で財をなした風雲児松坂熊吾が復員して、ふたたび裸一貫、大阪の地でやり直すところから始まります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月15日   お知らせ / 今月の1冊