ホーム > まとめ > 男たちの領分

男たちの領分

作成者:小説新潮編集部

「小説新潮」2018年3月号
「小説新潮」2018年3月号

「小説新潮」2018年3月号「特集 男たちの領分」では、熱い力作『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』で話題となった増田俊也氏が、その続編をスタート。また、かつて少年の心を鷲掴みにした『キン肉マン』作者のゆでたまご・嶋田隆司氏は、プロレスへの衰えぬ情熱を観戦記で吐露します。

昭和五十一年(一九七六)夏。全日本プロレス事務所に三人の男が対座していた。巨大なエアコンが音をたてて埃臭ほこりくさい冷気を吐き出し、ジャイアント馬場ばばがくゆらす葉巻の紫煙を揺らしている。

中井祐樹の名前は、現役格闘技界において最大のレジェンドである。柔道界でいえば木村政彦、空手界でいえば大山倍達に並ぶといっても過言ではない。海外に行くと、格闘技関係者で「ユーキ・ナカイ」の名前を知らぬ者はいないほどの偉大なる男である。

引用したい箇所は無数にある。タイトルの意味もしらせたかった。そうした衝動のすべてを飲み込んで、お伝えします。とにかく読め!

[吉田大助/「チームの意味を知る」人間関係のドラマ 「波」2016年12月号より →全文へ]

男にとって引き際とは何か。6タイプ9人の見事な引き際!

ビジネスマンが会社で自分を見失わずに生きるには。

超一流のアスリートになるために最も重要なファクターは、才能でも身体能力でもテクニックでもない。それは、“心の力”だろうと私は考えている。

キーワード