大賞受賞
「べしみ」田中兆子

 
田中兆子(たなか・ちょうこ)
1964年富山県生まれ。東京在住。9年間のOL生活を経て専業主婦。

受賞者インタビュー
受賞の言葉
 数年前、『神話的時間』(鶴見俊輔著)を読んで「癋見」という言葉を初めて知り、その語感にひかれ、いつかこの言葉を使った“何か”を書きたいと思いました。能面の名前であることを知りながら、能や能面について調べることもなく、ただその「べしみ」という音の連なりが妙に心に引っかかったのでした。
 その後、「癋見」になぜひかれたのかも忘れてしまい、言葉だけが残りました。それからまた時間が経ってようやく「小癋見(こべしみ)」という能面を知り、しばらくしてこんな小説になりました。
 女性器が人面瘡になるという小説が過去にあったことを不勉強のため知らず、小学生のときに読んだ少女漫画の一篇、恐怖漫画の女王・高階良子先生の描かれた、女性の肩のあたりに出来た人面瘡のイメージが作用し、それと「癋見」がいつのまにか一体化していました。
 もし、「癋見」がこの小説を読んだならば、そのとんでもない使われ方に、その名のついた面の如く「憤怒の激情を渦巻かせながら」私を罵倒することでしょう。私は平伏して懇謝し、また、あなたのおかげでこれを書くことができたうえに、賞までいただけましたと感佩(かんぱい)します。しかし、やおら頭を少し上げ、「癋見」を見つめながら「でも、高尚な能の世界から下世話な性の世界に飛び出して、ちょっと楽しかった、って思ってもらえるとうれしいのですが」と余計な一言をつけくわえるのを忘れません。こんなことだから、言葉に恋焦がれているのにすげなくされ、いつも翻弄されているのでしょう。
 同郷の堀田善衞先生が初めて文学賞を受賞された際に、
「前途は茫洋としている」
 という言葉を残していらっしゃいます。
 堀田先生の前途が茫洋としていたなら、私の前途は真っ暗闇じゃあござんせんか、と思いつつ、私には見えているひとすじの淡い光を頼りに、一歩ずつ進んでいきたいです。
甘いお菓子は食べません
田中兆子/著


欲望に蓋をして生きていくつもりだった。けれど――。第10回R-18文学賞大賞受賞作。

アルコール依存から脱することのみを目的に生きる女。「きみとはもうセックスしたくない」と夫から宣言された女。母になるか否かを考え続ける女。もっと愛したい、もっともっと愛されたい、なのに――40代を漂う彼女たちが見つけた、すべて剝がれ落ちた果ての欲望の正体とは。女の危うさと哀しみを迫力の筆致であぶり出した、連作短編集。

立ち読み
立ち読み

書評
【書評】「脱・女子」山本文緒
 本書のタイトルを聞いてまず思ったことは「女子からの卒業」というふうな物語なのかなということだった。
 私は中年と呼ばれる年齢になっても女子呼ばわりされる(あるいは自らを女子と呼ぶ)今の風潮があまり好きではなくて……
⇒ 続きを読む

1,512円(定価) 購入


■ R-18文学賞受賞者の新着オススメ本 ■

よるのふくらみ
窪美澄/著


その体温が、凍った心を溶かしていく。

29歳のみひろは、同じ商店街で育った幼なじみの圭祐と一緒に暮らして2年になる。もうずっと、セックスをしていない。焦燥感で開いた心の穴に、圭祐の弟の裕太が突然飛び込んできて……。『ふがいない僕は空を見た』の感動再び! オトナ思春期な三人の複雑な気持ちが行き違う、エンタメ界最注目の作家が贈る切ない恋愛長篇。

立ち読み
立ち読み

書評
【書評】「苦しみに寄り添う」西 加奈子

1,512円(定価) 購入