第17回 受賞作品

  《友近賞受賞》
「アップル・デイズ」山本渚

山本渚(やまもと・なぎさ)
1979年徳島県生まれ。『吉野北高校図書委員会』で、2008年第3回ダ・ヴィンチ文学賞編集長特別賞を受賞。
[→ 受賞者インタビュー]


受賞の言葉

読休中の方たちへ

「子供が生まれてから、本を読めなくなったわ。長いのとか、重いのは特に……」
 ママ友が淋しそうな表情でぽつんともらしたこの言葉に、書き手としてはNOと言わなければいけなかったのだと思う。でも、読み手としての私が「わかる!」と思いっきり頷いてしまっていた。
 誰でも、心や体が忙しすぎるとき、読みたくても読めなくなることがあるのだと感じた。そして書き手として、彼女のような人にそっと寄り添う話を書いてみたい、と強く思った。
 そのとき、この賞のことを思い出した。
「女性のために、女性に寄り添った話を!」そう思って書いた『アップル・デイズ』をWeb投票という形で沢山の方に読んでいただけたこと。友近さんが選んでくださって、さらに遠くまで届けられる可能性がうまれたこと……。
 どれだけ感謝しても足りません。嬉しすぎる! 本当にありがとうございます。今の気持ちのまま、また頑張っていきたいと思います。


[→ 受賞作品と選評一覧]

[↑ Page Top]