ホーム > 新潮文庫 > 新潮文庫メール アーカイブス > 決定版名言集、満を持して刊行!
新潮文庫メールマガジン アーカイブス
決定版名言集、満を持して刊行!

決定版名言集、満を持して刊行!

 先日、アンドロイドとして私たちの世界に帰ってきた夏目漱石は、2016年12月9日に没後100年、2017年2月9日は生誕150年を迎え、今再び注目を集めています。(少々ややこしいですね。亡くなってから、生まれる。その作品のように不滅の作家、と覚えて頂ければ。)

 重厚な描写を重ねることで人の心を学ばせてくれる、そんな印象の強い作家ですが、意外にも、「名言」と呼ぶべき力強い文句も数多く生み出しています。

「進んでとどまる事を知らない科学は、かつて我々に止まる事を許してれた事がない。」(行人)

「教育もない身分もないばあさんだが、人間としてはすこぶたっとい。」(坊ちゃん)

「どんな夫でも構いませんわ、ただ自分にくしてれさえすれば」(道草)

などなど。
 この度、そういった文句をぎゅぎゅっと集めた一冊が刊行されました。
ずばりタイトルは、『生れて来た以上は、生きねばならぬ―漱石珠玉の言葉―』。

 漱石研究の第一人者・早稲田大学教授の石原千秋先生が、漱石をとらえなおすヒントとして「恋」「人生」「ユーモア」「自己と他者」etc...... などの項目をたて、それぞれに「珠玉の言葉」を並べております。加えて、各項目の終わりに、先生の漱石ガイド的な小解説を書きおろしています。(実は、「生れて来た以上は、生きねばならぬ」も漱石の言葉ですが、どの作品に登場する言葉か、ピンときますでしょうか?)

 一冊を通して鮮やかな新・夏目漱石像を結実する本書は、生粋の漱石ファンにこそおすすめ。長年読みこんできた方に新しい発見、新しい漱石をお届けします。

 新潮文庫公式インスタグラムにて約2か月連続更新を敢行していた「漱石トリビア」も、2月9日ついに完成いたしました。あっと驚くような情報が満載です。どうぞご覧ください。
[新潮文庫公式インスタグラムは]こちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月15日   お知らせ / 今月の1冊
  •    
  •