ホーム > つなぐ

本×本 つながる読書<ひろがる世界

つなぐ

つなぐとは?

一冊の本には、他のいろいろな本とつながる接点が隠れています。100年前の物語や、世界の果ての出来事と、実は意外な関係があるのかもしれません。本から本へ、思いがけない出会いの旅にでてみませんか。どのルートを選ぶかは、あなた次第です。

新着

自分が食べたいものをお土産に。

相手が喜ぶことが自分の喜び。「おもたせですが」と言われ、自分が渡した手土産を相手から振る舞われる時、これで良かったと実感できる品々を選びぬきました。日本人のコミュニケーショングルメ「おもたせ」の楽しみ。

つなぐ : 048

木嶋佳苗
林眞須美
女性犯罪者

毒婦の闇の底で、溶けて煮えたぎる女の欲望。

女の「商売道具」は容姿や身体だけではない。なぜ多くの男たちは騙されるのか。

興奮、驚き、感動のビジネス・ストーリー!

多額の借金を抱える。何十社にも断られる。追い込まれた時、若者は、なぜそれができたのか。人が人を動かす情熱と勇気がここにある。

現代日本社会の様相と酷似していた室町を読む。

何も持たない者が、どのように世に立ち、いかにして個人として生きたか。

つなぐ : 044

粉飾決算
先送り
巨額損失補填

今の日本経済の最深部は、バブルの時代を知ることなしに理解できない。

日本を壊したのは誰だったのか。あの時代に見えなかったこと、書けなかったことが、今、明らかになる。