ホーム > 新潮文庫 > 新潮文庫メール アーカイブス > 「侍らしさ」が通用しない時代に、侍たちはいかに生きたか。
新潮文庫メールマガジン アーカイブス
「侍らしさ」が通用しない時代に、侍たちはいかに生きたか。

「侍らしさ」が通用しない時代に、侍たちはいかに生きたか。

 時代小説といえば、剣の達人や武士道の世界というのがお決まりのイメージ。でも、 本当に「侍らしい侍」なんていたのでしょうか? じつは江戸の中期は、剣に生きる 人生など過去の価値観となっていました。「武士の一分」よりも、藩政改革や財政立 て直しを要求され、武士の筋目を通さんとすれば、組織に縛られ裏切られ、挙句に身 をやつして用心棒で生計を立てる侍も出てきます。

 直木賞作家・青山文平さんは、そんな時代を「型通りの生き方が通用しなくなった時代」と捉えています。「侍らしさ」など全く頼りにならない時代に、侍たちはいかに、自身の人生を掴み取ったか。青山さんは、「正解」などない人生の岐路と、それぞれの決断を描いていきます。
 
 友を斬れという重い藩命を受けた男を描く表題作をはじめ、行き倒れの侍を介抱したことから劇的な結末を迎える「三筋界隈」や、城内の苛めで出仕できなくなった若侍が再生する「夏の日」など、いまの私たちの隣にいても不思議でない侍たちの息づかいが伝わる傑作六篇です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月15日   お知らせ / 今月の1冊
  •    
  •