ホーム > 書籍詳細:猫と庄造と二人のおんな

猫と庄造と二人のおんな

谷崎潤一郎/著

506円(税込)

発売日:1951/08/25

書誌情報

読み仮名 ネコトショウゾウトフタリノオンナ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-100505-8
C-CODE 0193
整理番号 た-1-4
ジャンル 文芸作品
定価 506円
電子書籍 価格 440円
電子書籍 配信開始日 2013/02/01

にゃあ。実は! 谷崎潤一郎の代表作。日本猫文学の極北。

一匹の猫を中心に、猫を溺愛している愚昧な男、猫に嫉妬し、追い出そうとする女、男への未練から猫を引取って男の心をつなぎとめようとする女の、三者三様の痴態を描く。人間の心に宿る“隷属”への希求を反時代的なヴィジョンとして語り続けた著者が、この作品では、その“隷属”が拒否され、人間が猫のために破滅してゆく姿をのびのびと捉え、ほとんど諷刺画に仕立て上げている。

まとめテーマでくくる 本選びのヒント

著者プロフィール

谷崎潤一郎

タニザキ・ジュンイチロウ

(1886-1965)東京・日本橋生れ。東大国文科中退。在学中より創作を始め、同人雑誌「新思潮」(第二次)を創刊。同誌に発表した「刺青」などの作品が高く評価され作家に。当初は西欧的なスタイルを好んだが、関東大震災を機に関西へ移り住んだこともあって、次第に純日本的なものへの指向を強め、伝統的な日本語による美しい文体を確立するに至る。1949(昭和24)年、文化勲章受章。主な作品に『痴人の愛』『春琴抄』『卍』『細雪』『陰翳礼讃』など。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

谷崎潤一郎
登録
文芸作品
登録

書籍の分類