ホーム > 書籍詳細:モオツァルト・無常という事

モオツァルト・無常という事

小林秀雄/著

649円(税込)

発売日:1961/05/15

書誌情報

読み仮名 モオツァルトムジョウトイウコト
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-100704-5
C-CODE 0195
整理番号 こ-6-4
ジャンル エッセー・随筆、評論・文学研究、哲学・思想、思想・社会、ビジネス・経済
定価 649円
電子書籍 価格 605円
電子書籍 配信開始日 2013/05/03

批評の第一人者の精髄。芸術、古典、美、そして宿命。

小林批評美学の集大成であり、批評という形式にひそむあらゆる可能性を提示する「モオツァルト」、自らの宿命のかなしい主調音を奏でて近代日本の散文中最高の達成をなした戦時中の連作「無常という事」など6編、骨董という常にそれを玩弄するものを全人的に験さずにはおかない狂気と平常心の入りまじった世界の機微にふれた「真贋」など8編、ほか「蘇我馬子の墓」を収録する。

著者プロフィール

小林秀雄

コバヤシ・ヒデオ

(1902-1983)東京生れ。東京帝大仏文科卒。1929(昭和4)年、「様々なる意匠」が「改造」誌の懸賞評論二席入選。以後、「アシルと亀の子」はじめ、独創的な批評活動に入り、『私小説論』『ドストエフスキイの生活』等を刊行。戦中は「無常という事」以下、古典に関する随想を手がけ、終戦の翌年「モオツァルト」を発表。1967年、文化勲章受章。連載11年に及ぶ晩年の大作『本居宣長』(1977年刊)で日本文学大賞受賞。2002(平成14)年から2005年にかけて、新字体新かなづかい、脚注付きの全集『小林秀雄全作品』(全28集、別巻4 )が刊行された。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

小林秀雄
登録
エッセー・随筆
登録
評論・文学研究
登録
哲学・思想
登録
思想・社会
登録

書籍の分類