ホーム > 書籍詳細:青年

青年

森鴎外/著

539円(税込)

発売日:1948/12/17

書誌情報

読み仮名 セイネン
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-102002-0
C-CODE 0193
整理番号 も-1-2
ジャンル 文芸作品
定価 539円

作家への憧れ、未亡人への恋、生きることへの不安……。美青年・小泉純一の成長を描く、『三四郎』と並ぶ傑作青春小説。

作家を志して上京した青年小泉純一は、有名な作家を訪ねたり、医科大学生大村に啓発されたりして日々を過す一方、劇場で知りあった謎の目をもつ坂井未亡人とも交渉を重ねる。しかし、夫人を追ってきた箱根で、夫人が美しい肉の塊にすぎないと感じた時純一は、今こそ何か書けそうな気がしてくるのだった。――青春の事件を通して、一人の青年の内面の成長過程を追求した長編。

著者プロフィール

森鴎外

モリ・オウガイ

(1862-1922)本名・森林太郎。石見国鹿足郡津和野町に生れる。東大医学部卒業後、陸軍軍医に。1884(明治17)年から4年間ドイツへ留学。帰国後、留学中に交際していたドイツ女性との悲恋を基に処女小説『舞姫』を執筆。以後、軍人としては軍医総監へと昇進するが、内面では伝統的な家父長制と自我との矛盾に悩み、多数の小説・随想を発表する。近代日本文学を代表する作家の一人。主な作品に『青年』『雁』『阿部一族』『山椒大夫』『高瀬舟』『ヰタ・セクスアリス』など。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

森鴎外
登録
文芸作品
登録

書籍の分類