ホーム > 書籍詳細:風の盆恋歌

風の盆恋歌

高橋治/著

572円(税込)

発売日:1987/08/25

書誌情報

読み仮名 カゼノボンコイウタ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-103911-4
C-CODE 0193
整理番号 た-44-1
ジャンル 文芸作品、文学賞受賞作家
定価 572円

もう一度私を風の盆に連れて行ってください。北陸の風物、大人の恋の儚さを比類なき美しさで描いた名作。

死んでもいい。不倫という名の本当の愛を知った今は――。ぼんぼりに灯がともり、胡弓の音が流れるとき、風の盆の夜がふける。越中おわらの祭の夜に、死の予感にふるえつつ忍び逢う一組の男女。互いに心を通わせながら、離ればなれに20年の歳月を生きた男と女がたどる、あやうい恋の旅路を、金沢、パリ、八尾、白峰を舞台に美しく描き出す、直木賞受賞作家の長編恋愛小説。

目次
序の章
風の章
歌の章
舞の章
盆の章
風の盆――水音と胡弓の音色 加藤登紀子

著者プロフィール

高橋治

タカハシ・オサム

1929(昭和4)年、千葉市に生まれる。金沢の第四高等学校を経て東京大学文学部国文学科を卒業。松竹に入社し、1960年より監督作品を発表、並行して戯曲も執筆する。1965年松竹を退社、本格的な作家活動に入る。1984年、第90回直木賞を受賞。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

高橋治
登録
文芸作品
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類