ホーム > 書籍詳細:小説家の休暇

小説家を休む日、三島は哲学者になる。完璧な芸術を生み出すその思想を一冊に。

小説家の休暇

三島由紀夫/著

680円(税込)

本の仕様

発売日:1982/01/27

読み仮名 ショウセツカノキュウカ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-105030-0
C-CODE 0193
整理番号 み-3-30
ジャンル エッセー・随筆、評論・文学研究、ノンフィクション、ビジネス・経済
定価 680円

芸術および芸術家にかかわる多岐広汎な問題を、日記の自由な形式をかりて縦横に論考、警抜なパラドックスと示唆に満ちた表題作。この評論には三島文学の全体を形成する重要な諸要素のすべてが含まれており、著者の哲学の原点を示すものと言うことができる。ほかに、従来の日本文学史に対する果敢な挑戦『日本文学小史』など、小説家・戯曲家としての創造の核心をなす評論全10編。

著者プロフィール

三島由紀夫 ミシマ・ユキオ

(1925-1970)東京生れ。本名、平岡公威(きみたけ)。1947(昭和22)年東大法学部を卒業後、大蔵省に勤務するも9ヶ月で退職、執筆生活に入る。1949年、最初の書き下ろし長編『仮面の告白』を刊行、作家としての地位を確立。主な著書に、1954年『潮騒』(新潮社文学賞)、1956年『金閣寺』(読売文学賞)、1965年『サド侯爵夫人』(芸術祭賞)等。1970年11月25日、『豊饒の海』第四巻「天人五衰」の最終回原稿を書き上げた後、自衛隊市ヶ谷駐屯地で自決。ミシマ文学は諸外国語に翻訳され、全世界で愛読される。

感想を送る

新刊お知らせメール

三島由紀夫
登録する
エッセー・随筆
登録する
評論・文学研究
登録する

書籍の分類

この分類の本

小説家の休暇

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto