ホーム > 書籍詳細:葉隠入門

葉隠入門

三島由紀夫/著

572円(税込)

発売日:1983/04/27

書誌情報

読み仮名 ハガクレニュウモン
シリーズ名 新潮文庫
装幀 duncan1890/カバー写真、Getty Images/カバー写真、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-105033-1
C-CODE 0195
整理番号 み-3-33
ジャンル 文芸作品
定価 572円

武士道は生きている――いま読むべき人生の教科書。

「武士道といふは、死ぬ事と見付けたり」の一句があまりに有名な「葉隠」。過激思想の書と誤解されやすいが、その真髄は「死という劇薬」こそが自由や情熱、生きる力を与えるという逆説的な「生の哲学」である――。「葉隠」の処世訓の精髄を読み解きながら、凝縮された三島の思想に触れられる。時を超えて現代人の心に強く訴え続ける名著。「葉隠」現代語訳付。

目次
プロローグ 「葉隠」とわたし
一 現代に生きる「葉隠」
二 「葉隠」四十八の精髄
三 「葉隠」の読み方
 付「葉隠」名言抄(笠原伸夫訳)
解説 田中美代子

どういう本?

タイトロジー(タイトルを読む)

 この本の「葉隠」という名は、本来「葉隠聞書」という名であったのを、略して「葉隠」というようになったもので、その名はもとの編纂者である田代陣基の原本に書いてあったといわれている。しかし、この「葉隠」という名がどういう意味であるかは、昔からいろいろの議論があって定説がない。(本書30ぺージ)

著者プロフィール

三島由紀夫

ミシマ・ユキオ

(1925-1970)東京生れ。本名、平岡公威(きみたけ)。1947(昭和22)年東大法学部を卒業後、大蔵省に勤務するも9ヶ月で退職、執筆生活に入る。1949年、最初の書き下ろし長編『仮面の告白』を刊行、作家としての地位を確立。主な著書に、1954年『潮騒』(新潮社文学賞)、1956年『金閣寺』(読売文学賞)、1965年『サド侯爵夫人』(芸術祭賞)等。1970年11月25日、『豊饒の海』第四巻「天人五衰」の最終回原稿を書き上げた後、自衛隊市ヶ谷駐屯地で自決。ミシマ文学は諸外国語に翻訳され、全世界で愛読される。

初めて出会う 新・三島由紀夫

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

三島由紀夫
登録
文芸作品
登録

書籍の分類