ホーム > 書籍詳細:後白河院

後白河院

井上靖/著

572円(税込)

発売日:1975/09/30

書誌情報

読み仮名 ゴシラカワイン
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-106320-1
C-CODE 0193
整理番号 い-7-20
ジャンル 歴史・時代小説、文学賞受賞作家
定価 572円
電子書籍 価格 528円
電子書籍 配信開始日 2014/02/07

激動の平安末期に跋扈した怪人物の真の姿とは。井上歴史文学の傑作、今甦る。

朝廷・公卿・武門が入り乱れる覇権争いが苛烈を極めた、激動の平安末期。千変万化の政治において、常に老獪に立ち回ったのが、源頼朝に「日本国第一の大天狗」と評された後白河院であった。保元・平治の乱、鹿ヶ谷事件、平家の滅亡……。その時院は、何を思いどう行動したのか。側近たちの証言によって不気味に浮かび上がる、謎多き後白河院の肖像。明晰な史観に基づく異色の歴史小説。

著者プロフィール

井上靖

イノウエ・ヤスシ

(1907-1991)旭川市生れ。京都大学文学部哲学科卒業後、毎日新聞社に入社。戦後になって多くの小説を手掛け、1949(昭和24)年「闘牛」で芥川賞を受賞。1951年に退社して以降は、次々と名作を産み出す。「天平の甍」での芸術選奨(1957年)、「おろしや国酔夢譚」での日本文学大賞(1969年)、「孔子」での野間文芸賞(1989年)など受賞作多数。1976年文化勲章を受章した。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

井上靖
登録
歴史・時代小説
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類