ホーム > 書籍詳細:夕鶴・彦市ばなし

夕鶴・彦市ばなし

木下順二/著

506円(税込)

発売日:1954/05/24

書誌情報

読み仮名 ユウヅルヒコイチバナシ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-108901-0
C-CODE 0193
整理番号 き-3-1
ジャンル 戯曲・シナリオ
定価 506円

人の心の真実を求めて女人に化身した鶴の悲しい愛と失意の嘆きを抒情豊かに描く「夕鶴」ほか、日本民話に取材した香り高い作品集。

著者プロフィール

木下順二

キノシタ・ジュンジ

(1914-2006)1914年、東京に生まれる。東京帝国大学大学院修了。「彦市ばなし」「夕鶴」などの民話劇から出発し、「風浪」「山脈(やまなみ)」「オットーと呼ばれる日本人」「巨匠」といったリアリズムの本流に立つ戦後演劇のひとつの型を創り出した。『平家物語』を舞台にした「子午線の祀り」は新劇、歌舞伎、能、狂言などあらゆる分野の俳優が集まり創り上げた戦後演劇史上最大級の作品。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

木下順二
登録
戯曲・シナリオ
登録

書籍の分類