ホーム > 書籍詳細:無人島に生きる十六人

椎名誠氏が選ぶ漂流記ベスト20で、堂々1位!! 実録痛快冒険記。飲み水も食べ物もないちっちゃな島で、君ならどうする?

無人島に生きる十六人

須川邦彦/著

497円(税込)

本の仕様

発売日:2003/07/01

読み仮名 ムジントウニイキルジュウロクニン
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-110321-1
C-CODE 0126
整理番号 す-20-1
ジャンル 文学・評論、歴史・地理・旅行記、歴史・地理
定価 497円

大嵐で船が難破し、僕らは無人島に流れついた! 明治31年、帆船・龍睡丸は太平洋上で座礁し、脱出した16人を乗せたボートは、珊瑚礁のちっちゃな島に漂着した。飲み水や火の確保、見張り櫓や海亀牧場作り、海鳥やあざらしとの交流など、助け合い、日々工夫する日本男児たちは、再び祖国の土を踏むことができるのだろうか? 名作『十五少年漂流記』に勝る、感動の冒険実話。

どういう本?

一行に出会う 十六人が、ほんとうに一つになった心の強さのまえには、不安もしんぱいもなかった。(本書243ぺージ)

著者プロフィール

須川邦彦 スガワ・クニヒコ

1880(明治13)年、東京生れ。1905年、商船学校航海科卒後、大阪商船に勤務。また、日露戦争に従軍し、水雷敷設隊として奮戦。第一次大戦では敵艦の出没する洋上に敢然、船長として乗り出し、日本海員魂を発揮した。その後、商船学校教授を経て、東京商船学校校長、海洋文化協会常務理事を歴任。1949(昭和24)年死去。著書に『船は生きてる』『象の話』『無人島に生きる十六人』。

感想を送る

新刊お知らせメール

須川邦彦
登録する
歴史・地理・旅行記
登録する

書籍の分類

この分類の本

無人島に生きる十六人

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto