ホーム > 書籍詳細:花のれん

花のれん

山崎豊子/著

605円(税込)

発売日:1961/08/17

書誌情報

読み仮名 ハナノレン
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-110403-4
C-CODE 0193
整理番号 や-5-3
ジャンル 文学賞受賞作家
定価 605円
電子書籍 価格 605円
電子書籍 配信開始日 2014/05/30

もっともっとわろてんか! 大阪を「笑いの王国」にした女の傑作細腕繁盛一代記!

船場の呉服店に嫁いだ多加(たか)は、家業に関心を持たず、芸事にうつつを抜かすばかりの頼りない夫・吉三郎に、いっそ道楽を本業にしてはどうかと勧める。二人は店を廃業して寄席を始めたが、吉三郎は妾宅で急死。幼い子どもとともに残された多加は覚悟を決め、なりふり構わず人気芸人を集め、金策に走り、寄席の屋台骨を支えるのだった――。女興行師の奮闘ぶりを描き、著者に直木賞をもたらした傑作細腕繁盛記。エンタツ・アチャコや桂春団治など、実在の芸人が花を添える! 待望の新装版。

  • 受賞
    第39回 直木三十五賞

つなぐ本×本 つながる読書<広がる世界

創業期から大躍進まで、よしもと好き必読の2冊!

吉本興業創業者・吉本せいがモデルとなっている女興行師・多加。ダウンタウンを見出した男、吉本興業社長・大崎洋。大阪に「笑いの王国」を築いた二人の怒涛の物語。

著者プロフィール

山崎豊子

ヤマサキ・トヨコ

(1924-2013)大阪市生れ。京都女子大学国文科卒業。毎日新聞大阪本社学芸部に勤務。その傍ら小説を書き始め、1957(昭和32)年に『暖簾』を刊行。翌年、『花のれん』により直木賞を受賞。新聞社を退社して作家生活に入る。『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ太陽』など著作はすべてベストセラーとなる。1991(平成3)年、菊池寛賞受賞。2009年『運命の人』を刊行。同書は毎日出版文化賞特別賞受賞。大作『約束の海』を遺作として 2013(平成 25)年に逝去。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

山崎豊子
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類