ホーム > 書籍詳細:渡された場面

渡された場面

松本清張/著

649円(税込)

発売日:1981/01/27

書誌情報

読み仮名 ワタサレタバメン
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-110947-3
C-CODE 0193
整理番号 ま-1-41
ジャンル 文学賞受賞作家
定価 649円
電子書籍 価格 605円
電子書籍 配信開始日 2012/08/01

四国の県警捜査一課長香春銀作は、文芸雑誌の同人誌評に引用された小説の一場面に目をとめた。九州在住の下坂一夫が書いたというその描写は、香春が担当している“未亡人強盗強姦殺人事件”の被害者宅付近の様子と酷似しすぎていたのだ。再捜査により、九州の旅館女中の失踪事件と結びついたとき、予期せぬ真相が浮び上がる――中央文壇志向の青年の盗作した小説が鍵となる推理長編。

著者プロフィール

松本清張

マツモト・セイチョウ

(1909-1992)小倉市(現・北九州市小倉北区)生れ。給仕、印刷工など種々の職を経て朝日新聞西部本社に入社。41歳で懸賞小説に応募、入選した『西郷札』が直木賞候補となり、1953(昭和28)年、『或る「小倉日記」伝』で芥川賞受賞。1958年の『点と線』は推理小説界に“社会派”の新風を生む。生涯を通じて旺盛な創作活動を展開し、その守備範囲は古代から現代まで多岐に亘った。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

松本清張
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類