ホーム > 書籍詳細:聖母の鏡

聖母の鏡

原田康子/著

979円(税込)

発売日:2001/09/01

書誌情報

読み仮名 セイボノカガミ
シリーズ名 新潮文庫
装幀 小島満樹子/カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-111410-1
C-CODE 0193
整理番号 は-3-10
ジャンル 文芸作品
定価 979円

死ぬために来たスペインだった。彼と出逢うまでは……。

乾いた南国での客死。ただそのためにだけ、やって来たスペインだった。彼と出逢い、あの鏡のような泉を目にするまでは……。海霧にけぶる釧路湿原と、償いきれぬ過去とを胸底に棲みつかせた女、顕子。妻に去られ、ひとり帰郷したアンダルシアで、オリーブ畑を守り続ける元・国際便トラック運転手、ミゲル。人生のたそがれ時の、微妙に揺れ輝く光のただ中に立つ男と女、そして、その愛の形。

目次




解説 道浦母都子

著者プロフィール

原田康子

ハラダ・ヤスコ

(1928-2009)東京生れ。生後1年で父親の赴任地である釧路に移住する。釧路市立高女を卒業し、1945年、東北海道新聞の記者となる。1951年に同僚と結婚。1955年「北海文学」で連載していた『挽歌』が「群像」編集長の目にとまり、翌年に出版されて70万部のベストセラーとなり、女流文学賞も受賞する。1999年『蝋涙』で再び女流文学賞を、2003年『海霧』で吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。その他『北の林』『恋人たち』『遠い森』『病める丘』『風の砦』『星の岬』『虹』等の著書がある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

原田康子
登録
文芸作品
登録

書籍の分類