ホーム > 書籍詳細:R62号の発明・鉛の卵

R62号の発明・鉛の卵

安部公房/著

649円(税込)

発売日:1974/08/27

書誌情報

読み仮名 アール62ゴウノハツメイナマリノタマゴ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-112109-3
C-CODE 0193
整理番号 あ-4-9
ジャンル 文学賞受賞作家
定価 649円

いま、時代はやっと安部公房に追いついた。人間と機械、どっちがエラい? 世界的前衛作家が遺した21世紀の黙示録。

会社を首にされ、生きたまま自分の「死体」を売ってロボットにされてしまった機械技師が、人間を酷使する機械を発明して人間に復讐する「R62号の発明」、冬眠器の故障で80万年後に目を覚ました男の行動を通して現代を諷刺した先駆的SF作品「鉛の卵」、ほか「変形の記録」「人肉食用反対陳情団と三人の紳士たち」など、昭和30年前後の、思想的、方法的冒険にみちた作品12編を収録する。

目次
R62号の発明
パニック

変形の記録
死んだ娘が歌った
盲腸

人肉食用反対陳情団と三人の紳士たち

耳の値段
鏡と呼子
鉛の卵
解説 渡辺広士

著者プロフィール

安部公房

アベ・コウボウ

(1924-1993)東京生れ。東京大学医学部卒。1951(昭和26)年「壁」で芥川賞を受賞。1962年に発表した『砂の女』は読売文学賞を受賞したほか、フランスでは最優秀外国文学賞を受賞。その他、戯曲「友達」で谷崎潤一郎賞、『緑色のストッキング』で読売文学賞を受賞するなど、受賞多数。1973年より演劇集団「安部公房スタジオ」を結成、独自の演劇活動でも知られる。海外での評価も極めて高く、1992(平成4)年にはアメリカ芸術科学アカデミー名誉会員に。1993年急性心不全で急逝。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

安部公房
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類