ホーム > 書籍詳細:強力伝・孤島

それは人の域を超えた業だった。名峰・白馬岳の山頂まで50貫(約187キロ)もの大岩を背負い上げた男の物語。【著者の処女作にして直木賞受賞作(昭和30年下期)】

強力伝・孤島

新田次郎/著

594円(税込)

本の仕様

発売日:1965/07/30

読み仮名 ゴウリキデンコトウ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-112202-1
C-CODE 0193
整理番号 に-2-2
ジャンル 文学賞受賞作家
定価 594円
電子書籍 価格 518円
電子書籍 配信開始日 2012/11/01

五十貫もの巨石を背負って白馬岳山頂に挑む山男を描いた処女作「強力伝」。富士山頂観測所の建設に生涯を捧げた一技師の物語「凍傷」。太平洋上の離島で孤独に耐えながら気象観測に励む人びとを描く「孤島」。明治35年1月、青森歩兵第五連隊の210名の兵が遭難した悲劇的雪中行軍を描く「八甲田山」。ほかに「おとし穴」「山犬物語」。“山”を知り“雪”を“風”を知っている著者の傑作短編集。

著者プロフィール

新田次郎 ニッタ・ジロウ

(1912-1980)1912(明治45)年、長野県上諏訪生れ。無線電信講習所(現在の電気通信大学)を卒業後、中央気象台に就職し、富士山測候所勤務等を経験する。1956(昭和31)年『強力伝』で直木賞を受賞。『縦走路』『孤高の人』『八甲田山死の彷徨』など山岳小説の分野を拓く。次いで歴史小説にも力を注ぎ、1974年『武田信玄』等で吉川英治文学賞を受ける。1980年、心筋梗塞で急逝。没後、その遺志により新田次郎文学賞が設けられた。実際の出来事を下敷きに、我欲・偏執等人間の本質を深く掘り下げたドラマチックな作風で時代を超えて読み継がれている。

目次

強力伝
八甲田山
凍傷
おとし穴
山犬物語
孤島
解説 小松伸六

関連書籍

まとめテーマでくくる 本選びのヒント

感想を送る

新刊お知らせメール

新田次郎
登録する
文学賞受賞作家
登録する

書籍の分類

この分類の本

強力伝・孤島

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

強力伝・孤島

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!