ホーム > 書籍詳細:蒼氷・神々の岩壁

蒼氷・神々の岩壁

新田次郎/著

825円(税込)

発売日:1974/08/12

書誌情報

読み仮名 ソウヒョウカミガミノガンペキ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-112205-2
C-CODE 0193
整理番号 に-2-5
ジャンル 文学賞受賞作家
定価 825円
電子書籍 価格 704円
電子書籍 配信開始日 2012/11/01

冬山で命を落とした弟。果たしてその死因は……。山に挑む男たちの苛烈なる生。傑作四編を収録。

鋭いアイゼンの爪もよせつけない蒼氷に覆われる厳冬期、石が水平に飛ぶ台風シーズン――富士山頂の苛烈な自然を背景に、若い気象観測所員の厳しい生活と、友情と愛と死を描いて息づまる迫力をよぶ長編「蒼氷」。ヒマラヤを夢み、岩と氷壁に青春を賭けた天才クライマーが、登攀不能といわれた谷川岳衝立岩を征服するまでの闘志と情熱の半生を描く実録小説「神々の岩壁」。他に2編併録。

目次
蒼氷
疲労凍死
怪獣
神々の岩壁
解説 福田宏年

著者プロフィール

新田次郎

ニッタ・ジロウ

(1912-1980)1912(明治45)年、長野県上諏訪生れ。無線電信講習所(現在の電気通信大学)を卒業後、中央気象台に就職し、富士山測候所勤務等を経験する。1956(昭和31)年『強力伝』で直木賞を受賞。『縦走路』『孤高の人』『八甲田山死の彷徨』など山岳小説の分野を拓く。次いで歴史小説にも力を注ぎ、1974年『武田信玄』等で吉川英治文学賞を受ける。1980年、心筋梗塞で急逝。没後、その遺志により新田次郎文学賞が設けられた。実際の出来事を下敷きに、我欲・偏執等人間の本質を深く掘り下げたドラマチックな作風で時代を超えて読み継がれている。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

新田次郎
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類