ホーム > 書籍詳細:新徴組

沖田総司の義兄・沖田林太郎、軍事の天才・酒井玄蕃。戊辰戦争に不敗伝説を残した、もうひとつの新選組。池上冬樹氏賞賛。

新徴組

佐藤賢一/著

961円(税込)

本の仕様

発売日:2013/05/01

読み仮名 シンチョウグミ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-112534-3
C-CODE 0193
整理番号 さ-47-4
ジャンル 歴史・時代小説、文学賞受賞作家
定価 961円

総司の義兄にして天然理心流の剣客沖田林太郎は、新選組勢と袂を分かち、新徴組創設に加わる。その上役たる酒井玄蕃(げんば)はフランス式兵法をも修めた英才だった。そして戊辰戦争が勃発。庄内藩中老の玄蕃が指揮し林太郎らが支えた歩兵隊のスナイドル銃は、勢いづく官軍を食い止め歯軋りさせた。だが時代は彼らの不敗神話さえ呑み込んでゆく。著者が父祖の地を舞台に描く二人の漢(おとこ)の物語。

著者プロフィール

佐藤賢一 サトウ・ケンイチ

1968年山形県鶴岡市生まれ。山形大学教育学部を卒業後、東北大学大学院文学研究科で西洋史学を専攻。1993年『ジャガーになった男』で第6回小説すばる新人賞、1999年『王妃の離婚』で第121回直木賞を受賞。2014年には『小説フランス革命』(全12巻)で第68回毎日出版文化賞特別賞を受賞した。主な著書に『傭兵ピエール』『双頭の鷲』『カエサルを撃て』『オクシタニア』『新徴組』『黒王妃』『かの名はポンパドール』『ラ・ミッション 軍事顧問ブリュネ』『ハンニバル戦争』『ファイト』などがある。

目次

序章 壬生

第一部 江戸
一、浪士組
二、御預かり
三、大試合
四、庄内藩
五、江戸市中取締
六、練兵
七、長州藩邸差押
八、近藤勇
九、介錯
十、裏金
十一、清河八郎の亡霊
十二、黒幕
十三、挑発
十四、薩摩藩邸焼討
十五、江戸払い
十六、総司
第二部 庄内
一、釣り
二、出陣式
三、清川
四、スナイドル銃
五、天童
六、奥羽越列藩同盟
七、秋田
八、仙使
九、破軍星旗
十、新庄
十一、戦略
十二、土方歳三
十三、矢島
十四、怒濤
十五、御前会議
十六、官軍
終章 松ケ岡
主要参考文献
解説 池上冬樹

感想を送る

新刊お知らせメール

佐藤賢一
登録する
歴史・時代小説
登録する
文学賞受賞作家
登録する

書籍の分類

この分類の本