ホーム > 書籍詳細:勇者は語らず

勇者は語らず

城山三郎/著

605円(税込)

発売日:1987/04/25

書誌情報

読み仮名 ユウシャハカタラズ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-113319-5
C-CODE 0193
整理番号 し-7-19
ジャンル 文芸作品、文学賞受賞作家
定価 605円
電子書籍 価格 495円
電子書籍 配信開始日 2012/10/01

損得ではない。保身でもない。大事なのは、静かに信念を貫くこと。ページをめくるごと、そんな城山さんの穏やかな声が聞こえてくるようだ。――阿川佐和子 日本車輸出に賭けた男の気骨を描く名作。

戦中生死を共にした冬木毅と山岡悠吉。戦後、冬木は自動車メーカーの人事部長に、山岡は下請け会社の社長として奮闘していた。高度経済成長の波に乗り日本車の海外輸出に踏み切るも、不当なバッシングを受け苦境に立たされる。憤る山岡と対照的に沈黙を守る冬木。口を噤み、無理に耐えるのが勇者たる日本人のあるべき姿なのか――。戦後日本を支えたビジネスマンの気骨を描く長編。

著者プロフィール

城山三郎

シロヤマ・サブロウ

(1927-2007)名古屋生れ。海軍特別幹部練習生として終戦を迎える。一橋大学を卒業後、愛知学芸大に奉職し、景気論等を担当。1957(昭和32)年、『輸出』で文学界新人賞を、翌年『総会屋錦城』で直木賞を受賞し、経済小説の開拓者となる。吉川英治文学賞、毎日出版文化賞を受賞した『落日燃ゆ』の他、『男子の本懐』『官僚たちの夏』『秀吉と武吉』『もう、きみには頼まない』『指揮官たちの特攻』等、多彩な作品群は幅広い読者を持つ。2002(平成14)年、経済小説の分野を確立した業績で朝日賞を受賞。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

城山三郎
登録
文芸作品
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類