ホーム > 書籍詳細:旅立ちの朝に―愛と死を語る往復書簡―

旅立ちの朝に―愛と死を語る往復書簡―

曽野綾子/著 、アルフォンス・デーケン/著

482円(税込)

発売日:1990/09/27

書誌情報

読み仮名 タビダチノアサニアイトシヲカタルオウフクショカン
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-114624-9
C-CODE 0195
整理番号 そ-1-24
ジャンル エッセー・随筆、哲学・思想
定価 482円

死を考えることは、生と愛を考えることである。「死学」の創始者デーケン神父と作家・曽野綾子との間に交された示唆深い往復書簡集。

著者プロフィール

曽野綾子

ソノ・アヤコ

1931(昭和6)年東京都生まれ。作家。聖心女子大学卒。1979年ローマ法王庁よりヴァチカン有功十字勲章を受章、2003年に文化功労者。1995年から2005年まで日本財団会長を務めた。『老いの才覚』『人間の基本』『人間にとって成熟とは何か』など著書多数。

1932年ドイツ生まれ、1959年来日。上智大学名誉教授。「東京・生と死を考える会」会長。1991年全米死生学財団賞、第39回菊池寛賞、1998年ドイツ功労十字勲章、1999年東京都文化賞などを受賞。2003年3月、上智大学定年退官。主要著書に、『死とどう向き合うか』(NHKライブラリー)、『ユーモアは老いと死の妙薬―死生学のすすめ―』(講談社)、『生と死の教育』(岩波書店)、『光のダイアローグ』(三五館)、『旅立ちの朝に―愛と死を語る往復書簡―』(新潮文庫、曽野綾子氏と共著)、などがある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

曽野綾子
登録
アルフォンス・デーケン
登録
エッセー・随筆
登録
哲学・思想
登録

書籍の分類