ホーム > 書籍詳細:続 泥流地帯

続 泥流地帯

三浦綾子/著

880円(税込)

発売日:1982/08/27

書誌情報

読み仮名 ゾクデイリュウチタイ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-116207-2
C-CODE 0193
整理番号 み-8-7
ジャンル 文芸作品
定価 880円

人生の報いとは一体何なのか。火山爆発ですべてを失った家族。懸命に生きている者たちへ降り注ぐ、不条理な苦難。それでも人は希望を持ちえるのか――。

突然爆発した十勝岳の泥流は開拓部落に襲いかかり、一瞬にして、家族の命を奪い、田畠を石河原に変えた。地獄と化した泥流の地から離散していく人々もいるなかで、拓一・耕作兄弟は、祖父・父の苦労の沁み込んだ土地を、もう一度稲の実る美田にしたいと、再び鍬を手にする。そんな彼らに、さらに苦難が襲いかかる。苦闘の青春を描き、人生の報いとは何かを問う感動の完結編。

著者プロフィール

三浦綾子

ミウラ・アヤコ

(1922-1999)旭川生れ。17歳で小学校教員となったが、敗戦後に退職。間もなく肺結核と脊椎カリエスを併発して13年間の闘病生活。病床でキリスト教に目覚め、1952(昭和27)年受洗。1964年、朝日新聞の一千万円懸賞小説に『氷点』が入選、以後、旭川を拠点に作家活動。主な作品に『塩狩峠』『道ありき』『天北原野』『銃口』など。1998(平成10)年、旭川に三浦綾子記念文学館が開館。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

三浦綾子
登録
文芸作品
登録

書籍の分類