ホーム > 書籍詳細:積木の箱〔上〕

邸宅に潜む、禁断の愛。涙から生まれた幼子。人は、どこまで赦せるのか――。68万部突破! もう一つの『氷点』。【『氷点』50年記念新装版】

積木の箱〔上〕

三浦綾子/著

680円(税込)

本の仕様

発売日:1984/10/29

読み仮名 ツミキノハコ1
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-116210-2
C-CODE 0193
整理番号 み-8-10
ジャンル 文芸作品
定価 680円

旭川の中学に着任する五月の朝、杉浦悠二は、雑貨店で、中学三年生の一郎と出会う。彼は、北海道の観光王と称される実業家・佐々林の長男だったが、姉と慕っていた奈美恵と父の秘密を目撃し、自暴自棄になっていた。担任となった杉浦は、荒む一郎を気遣うものの、彼は心を開かない。人は、罪をどこまで赦せるのか? 妻妾同居を背景に、真実の愛と赦しを描く、もう一つの「氷点」。

著者プロフィール

三浦綾子 ミウラ・アヤコ

(1922-1999)旭川生れ。17歳で小学校教員となったが、敗戦後に退職。間もなく肺結核と脊椎カリエスを併発して13年間の闘病生活。病床でキリスト教に目覚め、1952(昭和27)年受洗。1964年、朝日新聞の一千万円懸賞小説に『氷点』が入選、以後、旭川を拠点に作家活動。主な作品に『塩狩峠』『道ありき』『天北原野』『銃口』など。1998(平成10)年、旭川に三浦綾子記念文学館が開館。

関連書籍

感想を送る

新刊お知らせメール

三浦綾子
登録する
文芸作品
登録する

書籍の分類

この分類の本